アイコン 武田薬品工業 減収増益 新コロナ特需は相殺

武田薬品は2019年1月に1.5兆円の売上高のシャイア(Shire)を6.8兆円あまりで買収したが、前期の売上高からシァイアの売上高が加算されている。
今第3四半期は営業利益率も前年同期比で大幅に改善されている。

新コロナでは、同社はワクチンなどの開発には弱いようで、またバイオベンチャーとの関係も薄いようで、日本が5000万回分購入契約しているモデルナ社から国内臨床から申請、受託生産と流通管理までを一括受託している。(モデルナ製ワクチンの日本承認は5月以降になる見込みとされる。石橋をたたいても渡らない厚労省。たたく分だけムダ)

同社は新コロナでは、幾分かの特需はあったようだが、世界中で病院が新コロナに占領され、同社の既存薬品の売上高が落ちたようだ。ただ、ワクチン接種により欧米・アジアでは今年中には収束すると見られ、来年からは、病院も以前のような活動に戻ると思われる。

 

なお、政府はすでに1.57億人分(米ファイザー製7,200万人分/アストラゼネカ製6,000万人分(JCRファーマ受託生産)、モデルナ製2,500万人分(武田受託生産)の計)を確保しているにもかかわらず、ノババックス開発ワクチンを武田経由で2.5億回分購入予定だという。

実際、接種する人は、日本の人口12,500万人、接種しない15歳未満1,600万人、16歳以上の接種率75%と見て、8,200万人分あれば間に合う。長期化しても倍近くあり、問題ないと見るが、国にお金が余っているのだろう。玉手箱の国債を叩ければ資金はいくらでも調達できる。

武田の光工場は昨年6月、米FDAより品質管理で警告されている。ワクチン受託製造は大丈夫だろうか。


スクロール→

武田薬品 第3四半期決算 IFRS方式

連結/百万円

売上高

営業利益

←率

税前利益

株主利益

20/3期Q3

2,519,486

162,544

6.45%

56,008

42,517

21/3期Q3

2,427,538

358,729

14.78%

235,357

178,907

213/203

-3.6%

120.7%

 

320.2%

320.8%

21/3期予想

3,200,000

434,000

13.56%

258,000

180,500

21/20

-2.8%

332.2%

 

黒転

308.0%

203月期

3,291,188

100,408

3.05%

-60,754

44,241

193月期

2,097,224

204,969

9.77%

94,896

109,126

183月期

1,770,531

241,789

13.66%

217,205

362,988

 

[ 2021年2月 5日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産