アイコン 韓国・駐中国大使館 頭蓋骨陥没 職員が酒席で喧嘩  やることなすこと激しすぎる

机上の空論の左派学者で韓国の経済政策で失敗した張夏成大統領府政策室長は更迭されたものの、文在寅氏に重用され、現在は中国大使に就任している。
その中国の韓国大使館の職員らが酒席で、韓国人の行政職員に対し酒の瓶で暴行したとの主張が提起され、調査を受けることになったという。

韓国労働組合総連盟(韓国労総/非文派の労組/穏健派)などが9日に明らかにしたところによると、北京にある駐中大使館で働く実務官Aさん(46)は2月4日、韓国人が多く住む北京市内の住宅街にある居酒屋で、大使館職員2人と口論になった。

Aさんは中国で採用された行政職員で、大使館職員2人は国会などから大使館に派遣された外交官という立場の公務員だという。3人は普段は親しかったとされる。Aさんによると、酒に酔った職員の1人が酒の瓶でAさんの頭を殴り、もう一人の職員も床に倒れたAさんを殴ったという。
Aさんは頭蓋骨陥没のけがで病院の治療を受けている。

 

一方、加害者とされる2人の職員は、一方的に暴行したのではなく相手も暴行してきたと主張しているという。

韓国労総は報道資料で「加害者らに対する刑事的処罰と政府の公式謝罪を求める」と主張した。海外にある韓国大使館や総領事館は、通訳・翻訳業務のために現地で韓国人職員を採用する。このうち一部は、韓国労総に所属する労組員。駐中韓国大使館側は「外交部次元での調査を経て相応の措置が下されるだろう」と述べたという。
以上、韓国紙

今の時代にやることなすこと激しすぎる。やくざ映画のようだ。
これが間違って文派の過激な民主労組に相談していたら、完全にもみ消されたことだろう。
韓国で離婚率が高く、女性が結婚したがらない理由の大きな一つに、男性の酒によるDV・暴力だという。韓国女性は口では韓国男性に勝つが、軍隊で訓練を受けた腕力には負ける。

 

[ 2021年2月10日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産