アイコン 米ITC LGの車両用バッテリー技術をSKが盗んだと裁定

米国際貿易委員会(ITC)は10日(現地時間)、韓国のLGエナジーソリューションが電気自動車(EV)などに搭載するバッテリーに関する営業秘密を侵害したとしてSKイノベーションを訴えていた問題について、LG側の主張を認める最終決定を下したsロイターなどが報じた。

これにより、ITCはSK側に対し一部のリチウムイオンバッテリーの輸入を10年間禁止する排除命令を出した。
ただし、米国内での自動車生産のために供給するバッテリーと部品の輸入は一定期間認める猶予措置を設ける。

LG化学から分社しバッテリー事業を専門に手掛けるLGエナジーソリューションは、車載用バッテリーとして使われる2次電池技術に関連し、SKイノベーションが同社の従業員を引き抜いて技術を盗んだと主張し、2019年4月にITCに提訴した。

ITCは昨年2月の予備決定で、SK側に対しLGのバッテリー技術を盗んだ証拠を隠滅したとして敗訴の決定を下しており、今回の最終決定はその延長線上にある。

SKイノベーションは、独VWと米フォードに、LGエナジーソリューションは米テスラと米GMにそれぞれEV用のバッテリーを供給している。
以上、

 

韓国政府は、LG側に譲歩して和解するように圧力をかけていたが、LGはサムスンでもどこでも喧嘩する財閥、政府の言うことなど聞かず、米ITCが結論を出した。
この間、SKは世界中のあちこちにバッテリー工場を造っており、既成事実化し、裁判で有利に持って行こうとしていたが、米ITCがSK負けを確定させたことから、欧州工場などのバッテリーも問題となると見られる。LGはSKから特許料をもらって済ませるような財閥ではない。

SKは米国(ジョージア州)や欧州(ハンガリー/2019年に第2工場、今年1月には第3工場を建設に入っている)、中国江蘇省常州市、韓国内に大規模バッテリー工場を新たに建設している。
SKは裁判とか関係なしに生産を続ける予定のようだ。

しかし、LGの技術に抵触しているとの今回の査定、自動車メーカーはどうするのだろうか。

SKとしては韓国政府が強力にLGに圧力をかけていることから、僅かな特許料の支払いで和解を企んでいるものと見られる。そのためにもSKはかなりのロビー活動費を文政権の要人たちに配布しているものと見られる。

韓国でもLGは同じ内容でSKを裁判にかけている。
それ以前に、SKが米国工場を建設するに当たり、米裁判所に建設差し止め訴訟を起こしていたが、裁判には時間がかかり、工場はほぼ完成している。
SKはその後も韓国内に車両用バッテリーの大工場を建設している。

SKは東芝からNANDフラッシュメモリー半導体の製造技術を盗んでいたが、アホでお人よしの東芝は1000億円の損害賠償請求訴訟を起こしながら、200億円あまりで和解、今ではSKは東芝の大株主になっている。

LGはドイツでの家電見本市で、サムスン電子の洗濯機のヒンジが弱いことを念頭に、訪独していたLG家電の社長らが蓋を強く開いたところ、案の定壊れた。それを見ていたサムスン側は、展示品の洗濯機を意図して壊したと主張し、LG家電社長らを相手どり裁判を起こしていた。
TVのディスプレーについてもサムスンとLGは互いに訴訟合戦、戦争状態にある。

[ 2021年2月11日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産