アイコン 楽天12月決算▲1141億円赤字 部門別業績 通信事業先行投資影響 

楽天は12日、2020年12月期連結決算(国際会計基準)を発表した。それによると、 新コロナ惨禍、「巣ごもり消費拡大」を背景に、売上高に当たる売上収益は前期比15.2%増の1兆4555億円と過去最高を更新した。しかし利益は、昨年4月に本格参入した携帯電話事業で基地局建設などの先行投資が膨らみ、純損失が▲1141億円と前期の▲318億円の赤字から拡大した。赤字幅は2000年に上場して以降、過去最大。

楽天市場は、巣ごもり需要により、10~12月期の取扱高だけでも前年同期から約45%伸びている。

旅行市場は、予約サイト「楽天トラベル」も政府の観光支援策で10~12月期に急回復した。ただ、GoToトラベル中断により今期は第1四半期から苦しいスタートとなる。

携帯通信事業は、今年1月、携帯電話のデータ使用量に応じて料金が安くなる新プランを発表し、先着300万人を対象に通信料を1年間無料とするキャンペーンも実施中で、申し込みは今月8日時点で250万人という。新コロナによる収入問題で切り替える人たちが予想より多いとしている。

なお、通信事業については、売上高は前期比34.4%増の2,271億42百万円となったが、自社基地局設置等の先行投資が継続中のため、部門損失は2,269億76百万円(前期は▲765億24百万円損)となっている。

ネットの反応では、「週明けの株価がどうなるか、まあ織り込み済みだとは思うが」「いつも下がったら買うんだけどここは下がってもたかが知れてるしな」など株価の心配をしている人が多数みうけられた。

また「楽天のおかげで携帯安くすんだから頑張れ」「設備投資ならしょうがない、携帯事業を伸ばさないとね」「孫に負けるな、携帯事業はまだこれから」など携帯事業に対する期待の声もあった。

 

スクロール→

2020年12月期 楽天決算 IFRS方式

連結/百万円

売上高

営業利益

←率

税前利益

株主利益

18/12

944,474

149,344

15.8%

138,082

110,585

19/12

1,101,480

170,425

15.5%

165,423

142,282

20/12

1,263,932

72,745

5.8%

-44,558

-31,888

20/19期比

14.7%

-57.3%

 

 

 

21/12期予想

不発表

 

 

 

 

21/20期比

 

 

 

 

 

 

総資産

自己資本

←率

有利子負債

 

20/12

12,524,438

 

 

 

 

19/12

9,165,697

735,672

8.0%

1,727,096

 

 


スクロール→

楽天 202012月期決算 部門別

 

 

売上高

営業利益

 

 

売上高

前年比

営業利益

前年比

 

国内EC

584,135

21.1%

58,192

13.0%

 

その他

235,980

-9.6%

-18,079

 

 

EC等ネットサービス計

820,115

10.3%

40,114

-62.6%

 

・楽天トラベル、物流の楽天スーパーロジティクス、野球、サッカー等

 

楽天カード

261,328

13.7%

37,733

15.8%

 

楽天銀行

95,527

7.2%

28,053

3.7%

 

楽天証券

74,091

31.0%

16,609

50.8%

 

保険事業

106,373

-0.1%

7,525

87.4%

 

楽天ペイメント

33,060

14.6%

-6,776

 

 

その他

5,816

 

-1,852

 

 

フィンテック計

576,195

18.5%

81,291

17.3%

 

・楽天カード会員2100万人、新コロナでカード買い減少傾向、銀行1000万口座、証券550万口座、

 
 

モバイル

173,701

45.0%

-212,811

 

 

その他

53,442

8.5%

-14,164

 

 

モバイル計

227,142

34.4%

-226,976

 

 

・自社回線カバー率70%、計画96%、基地局4万4千局計画

 

 

[ 2021年2月13日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産