アイコン 中国が韓国文政権を酷評 無意志・無気力・漂流

中国では発表されるすべての記事や論文・報告書などは政府機関の検閲を受け、政府了承の下に発表されている。

中国上海復旦大国際問題研究院が1月に発表した「2021年国際戦略報告書:危機局面と新しい局面」の情勢分析の報告書で、韓国について「2021年大統領選挙の年が始まった韓国は、米中問題と北朝鮮核問題で無意志・無気力・力不足の漂流状態にある」と指摘している。
報告書では「韓国は朝鮮半島情勢を掌握する能力を失い、米朝ゲームで比重と地位が落ちるだけでなく、米中競争で二股をかける策略まで難しくなっている」と指摘。
また「国内問題で保守と進歩の争いが社会的に焦眉の関心事になり、経済問題も使える方策がない」と冷静に見ている。

文在寅政権については、「南北問題で韓国は過去にほとんど見られなかったゼロ(0)交流段階に入った」とし「韓国の外交・内政・経済すべてが北朝鮮の(強硬な)立場のために無限に繰り返す悪循環状態に入った」と分析している。

さらに報告書では「バイデン政権の対朝鮮半島3大政策:北朝鮮は引き込み(拉)、韓国はなだめ(管)、中国は押し出す」と分析している。
復旦大国際問題研究院は、中国外務省の2019~21年の政策研究重点協力機構に指定されている。中国外交当局と緊密に意思疎通をしている。

 

このため報告書は、現在の韓国を眺める中国専門家および当局の内心が反映されたという見方が出ている。
特に報告書が韓国を酷評したことに対し、ある中国外交専門家は「バイデン政権が本格的に米韓同盟を復元しようとするのに先立ち、韓国の状況を把握する基礎調査レベル」と指摘。

北朝鮮については、米国の政権交代に対応しながら「過去の『ハリネズミ策略』からトランプ時代には『タマネギ策略』に、バイデン政権に入って『tit for tat(仕返し)』策略に進化した」と分析。

先月の第8回労働党大会の「強対強、善対善」宣言について、「忍耐心と対等な対抗でバイデン政権の対北朝鮮政策を友好的に変えるという期待を抱いている」と指摘している。

米国が北朝鮮の核を見る立場が変わったという点も主張。
「バイデン外交チームは過去の対北朝鮮政策を分析しながら『中国が介入すれば米国がより多くを失い、中国が介入しなければ米国が多く得た』と評価する」とし「バイデンチームにとって北朝鮮の認識は『先送りできない脅威』から中国を攻撃する『ゲームカード』に変わった」と指摘している。
以上、

文在寅氏は中国の習近平主席とバイデン新大統領と電話する前に電話会談し、すでにバイデン政権の関係者は怒りまくっている。

韓国の新外相は中国の王毅外相と電話して、習主席の訪韓を早期に実現するよう要請している。
これが文在寅氏の任期最後の年の本音外交だろうか。

文政権が日本に対して言いたい放題、やりたい放題にしたことから、今更何を言っても日本は相手にしてくれない。

北朝鮮は韓国に怒り狂い文金融和の象徴であった南北合同事務所を爆破する始末。
自ら招いた四面楚歌。

 

[ 2021年2月17日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産