アイコン 日本の洗脳・マインドコントロール事件から学ぶ/洗脳されない為の心得

ロボトミー

 

2012年2月10日に「尼崎ドラム缶遺体事件/日本の洗脳・マインドコントロール&洗脳されない為のまとめ 」というまとめ記事を寄稿したが、今回2020年版として、加筆・修正して再度掲載。

 

 

そもそもなぜ書いたか、

その異常な行動と心理に大変興味がわき、かつわが身に降った場合の心構えと、被害に遭う人を減らしたいため。

そして、洗脳・マインドコントロールを検索中に有意義なサイトをみつけ紹介したくなったためだ。

加筆・再掲したのは「篠栗男児餓死事件」が報じられたため、再び掲載するべきだと考えた。

・金儲けのために占いとか宗教、心理学を悪用する連中は一種の異常者です。
・まさに、これは戦いなんですよ。命や財産、存在を賭けた心理ゲームそのものです。
…谷口信行 

谷口信行氏の「楽しい催眠術講座」より抜粋

 
 

日本の有名な3大洗脳事件

一家乗っ取り、尼崎連続殺人死体遺棄事件

2012年11月に兵庫県尼崎市で発覚した連続殺人死体遺棄事件で、確認されただけでも8人が死亡し3人が行方不明となっている。

兵庫県尼崎市の貸倉庫で2012年11月、無職の被害者女性A(当時66歳)=同市長洲東通3=の遺体がドラム缶にコンクリート詰めにされて見つかる。

県警尼崎東署捜査本部は、死体遺棄罪などで起訴された被害者Aの次女の元夫(Y)ら4被告を殺人と監禁の両容疑で再逮捕した。

逮捕されたのは、被害者であるAの長女=43▽次女=41▽次女の元夫=42▽Yの知人の無職、そして主犯格女性のX=63・・・、の4容 疑者。容疑は、共謀して昨年7~9月、同市内のワンルームマンションにAを閉じ込め、食事を与えないなど衰弱させたうえ、暴行して殺害した、とされる。この時点で誰が誰やらわかり難いが、逮捕、書類送検者の数が17名と、関わった人間の多さと相関関係が複雑でわかり難いのもこの事件の特徴でもある。

この事件の主犯格とされるXの日常は異常としか言いようがないものだった。

このXは少なくとも25年以上もの間、兵庫県尼崎市南東部で、血縁関係にない人物を多く集め、疑似家族を築きながら共同生活を営んでいた。

Xの周辺では、1987年頃に当時、Xと同居していた女性(A家母)が失踪したことを発端に、複数の不審死や失踪事件が相次いで発生していたが、長年にわたり、事件が表に出ることはなかったといわれている。

それが2012年のコンクリ殺人事件発覚により次々と疑惑が浮上し、明るみになることになった。

しかし、主犯格女性Xは、2012年12月12日、兵庫県警本部の留置場で自殺を図り、死亡。

残念ながら、彼女自身の口から事件の真相を聞きだすことはできなくなった。

 

この事件関連の著書「家族喰い」

 

「鬼畜の所業」マスコミも伏せたの無残な集団殺人事件・・・北九州監禁殺人事件

2002年に発覚、6人殺害1人傷害致死というセンセーショナルな事件ではあるが、あまりにも凄惨な事件だったためか報道規制がかけられたといわれており、その悪質さに比べ知名度は高くない。

主犯Aと犯行グループらは、ある一家の弱みをつき全員を監禁、その後金を巻き上げ続け、拷問と虐待によって一家をマインドコントロール下に置いた。

その手口はというと、家族同士で不満をぶちまけさせ相互不信を起こして逆らえなくし、被害者同士で虐待をさせることでさらに疑心暗鬼にさせ、自分の手は汚さずに用済みとなった人間を殺害していくというもの。

親兄弟、親族同士で殺し合わせ死体の処理も自らで行わせるように指示するという非道さ、同じ感情を持った人間だとはとても思えない。

まさに犯罪史上稀に見る凶悪犯罪とされ、第一審で検察側は「鬼畜の所業」と容疑者男女らを厳しく非難した。

その悪魔のような事件の主犯格であるAは常日頃から虚言癖があり暴力的、かつ一見魅力的で女性にとてもモテるという、サイコパスの見本のような性質の持ち主で、被害者の女性らとも親姉妹関係なく肉体関係があったと裁判等において供述されている。

 

この事件を参考にした映画、「愛なき森で叫べ」

 

夫を次々に殺させ保険金を巻き上げた事件・・・・久留米看護師連続保険金殺人事件

こちらも2002年に発覚。

一人の女性を主犯とする4人組のうち1人の警察への通報がきっかけで発覚、うち2人の看護師の元夫が彼女たちの手によって殺害された保険金殺人事件。

主犯格の女性が3人の看護師の女性を洗脳、自らの夫を殺させた上に総額約2億円にも上る金を騙し取っていた。

4人はかつて同じ看護学校の同窓生。

主犯格女性XとAが出逢ったことで事件は始まる。

XはAのトラブルを解決したようにみせかけ、肉体関係を持ったうえで主従関係を作り支配下に置いた。

その手口は架空の人物とトラブルをでっちあげ、その架空の人物が問題を解決(実際は解決していない)するというもの。

他の2人にも似た手口で支配下へ置き、2人の夫を殺害し保険金を搾取した。


主犯格女性には死刑判決がでて、2016年3月25日に死刑が執行された。

 

この事件関連の著書「黒い看護婦」、ドラマ化も。

 

これらの3つの事件の大まかな共通点は
外部から断絶
洗脳者一族との集団生活
信頼関係の崩壊
である。

くしくも芸能人でオセロの中島さんも占い師により洗脳を受け引きこもり、騒動になった事件も外部との遮断されていた。
占い師一族が中島氏のマンションに住み込み、芸能事務所や相方はもちろん、親族との連絡を一切絶っていたといわれている。
これは上記の「外部からの断絶・集団生活・信頼関係の崩壊」が全て当てはまる。

これら洗脳による事件は他人事ではなく、身近にあるものでも、カルト宗教や悪徳営業マンなどもこれらを巧みに使い成果を上げている。

そんな「洗脳・マインドコントロール」はどんな人間がかかり易いのか、詳しくは谷口信行氏の「楽しい催眠術講座」を参照してほしい。
 

 

そして2021年、また福岡で洗脳による悲劇がおこった。

母親が知人女性Aから洗脳されるがままに我が子を餓死させたという、篠栗男児餓死事件である。

 

3月某日、福岡県警は子供を餓死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で、子供の実母(39)と知人のA(48)両容疑者を逮捕した。

知人女性であるAが、母親の家庭の生活全般を管理し、生活保護費や児童手当、児童扶養手当など、家庭に入る毎月の平均25万円余りのほぼすべてを得ていたが、その額なんと計1200万円以上。

2018年の5月頃からAは母親に対し「悪口を言われているよ」などと嘘をふきこみ、母親と他の親しい友人たちを疎遠にし、

さらに「ママ友があなたの悪口を言っている」「あなたの夫が浮気している(その後に離婚)」「信用しているのは私だけ」などと母親に吹き込み続け、意のままに操った。

なお警察によれば、母親の元夫が浮気をした事実はないと確認されている。

子供を餓死させたのは「子どもが太っていたら夫との裁判で養育費や慰謝料が取れない」からというとんでもない理由。(を母親に押し付けたもの)

Aは子供の母親のことを周りでは「アホ」呼ばわりしていたというが、金のためだけに他人の子供の命を奪った痛ましい事件である。

 

―まさにこれらは「外部から断絶」と「信頼関係の崩壊」を巧みに使ったマインドコントロール、「洗脳」である。

しかし、「北九州監禁殺人事件」「久留米看護師連続保険金殺人事件」「篠栗男児餓死事件、と福岡で洗脳事件が三つ目となるとなにかしら地域的に関連があるのかと思ってしまうが・・・。

 

日本の洗脳事件からみるその対策

今回の篠栗男児餓死事件、北九州監禁・看護師連続殺人・尼崎ドラム缶遺体は、どれも最終目的は金銭でありそれを引き出す為に、知ってか知らずかこの「洗脳技術」を使っているようだ。

外部から断絶
まず、ターゲットを孤立化させ、親族または友人から引き離そうとする。

洗脳者一族との集団生活
ターゲットの家に入り込み主導権を握りかつ外部からの情報をチェックする。(北九州監禁はこれに加えて電撃ショックなどの虐待も行っている。)

信頼関係の崩壊
もしターゲットが複数ならば、互いに疑わせ監視させる。

などが一連の洗脳事件で共通しているものだ。

 

さらに4つの事件の主犯格全員がほぼ「自分では手を下さない」ことに驚く。

仮定ではあるがもしかすると犯人たちには「行動原理」のようなものがあるのではないだろうか。

もしかすると幼少から培われた習性のようなものかもしれない。

一概に関係あるかわからないが「ケーキを切れない非行少年たち」を参照したい。

 

しかし事件全般ほとんどの実行パターンが似通っているため、もし日頃の心構えさえあれば少なからず防ぐことも可能だろう。

もし「これはやばいのでは?」と思わしき家族、人物がいれば、

1、怪しい他人が入り込んでいないか。
2、多額の財産はないか、金管理を他人に任せてないか
3、親族・友人と連絡をとっているか、突然関係を切っていないか。

を、確認してほしい。

日本にはカルトや宗教家を名乗る連中から守ってくれる枠組や法律が殆ど存在ししないというが、そろそろ、宗教色の強い公明党の顔色をみずに法整備を進めるのも必要ではないだろうか・・・と2012年に書いたが今もまったく状況は変わっていないようだ。

とにかく最低限の自己防衛はもちろんのこと、「疑わしきを疑うことで助かる人がいる」ことを胸にとめておいてほしい。

 

篠栗男児餓死事件続報=

篠栗男児餓死事件の続報においてAが「新興宗教の会員」だったことが判明。

まさに宗教を使った洗脳犯罪を決定づけた事件となった。

記事にも「母親が、衰弱して動けない翔士郎ちゃんのそばで、救急隊が到着するまでのあいだ、お題目だか念仏だかを唱えていた」との告白もある。

さらに、亡くなった子供の香典も新興宗教団体へ渡ったのではないか、との衝撃的な話まで・・・。

ただしかし、まさかあの宗教団体の名前をマスコミが出すとは意外。

さすがに令和、世の中も変わってきているのかもしれない。ー続報ここまで

 

 

 

 

 

[ 2021年3月16日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧