アイコン 負債36億超 ホテル運営の(株)フェリーチェ(沖縄)/破産手続き開始決定 新型コロナ関連倒産

ホテル運営の(株)フェリーチェ(所在地:東京都大田区南蒲田1-25-13 従前の本店所在地:大阪府大阪市西区南堀江1-11-21 代表:谷角大悟)は3月10日付、大阪地裁において破産手続き開始決定を受けた。官報より参照。

負債総額は約36億7千万円。

要約:「ホテルリリーフ」ブランドの(株)フェリーチェ(沖縄)/破産開始決定  新型コロナ関連倒産

資本金は800万円。

同社は平成24年8月にホテル運営を業務として設立、新型コロナの影響で業績が急激に悪化、先行きが見通せず資金繰りも逼迫、今回の措置となった。

「フェリーチェ」や「リリーフ」などのホテル名で運営していたが一部は別の会社が通常通り運営している。

 
 

破産管財人は浜田真樹弁護士が選任されている。。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和3年5月24日午後2時50分。

事件番号は令和3年(フ)第570号となっている。

要約

概要

業種

ホテル運営

住所

東京都大田区南蒲田1-25-13

従前

大阪府大阪市西区南堀江1-11-21

代表

谷角大悟

資本金

800万円

設立

平成24年8月

負債

約36億7千万円


 

[ 2021年3月24日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧