アイコン 超小型無人偵察機FLIR社製「ブラック・ホーネット」小さ過ぎて紛失


韓国陸軍によると、別名「斬首部隊」とも呼ばれる韓国陸軍第13特殊任務旅団の部隊は昨年12月、特殊作戦用の超小型無人機(UAV)で、オペレーター育成のため飛行訓練を行っていたところ1機を紛失した。昨年6月に1億5000万ウォンを投じて4機(1機当たり3750万ウォン/0.1円)を配備してから、わずか6ヶ月後だった。
韓国軍は3日間、約500人を投入して捜索を行ったが、見つけ出すことはできなかった(機体より日当の方が高くついている)。
紛失した無人機は、ノルウェーのFLIR社の「ブラック・ホーネット」。
米陸軍が運用している最新型の場合、全長は17センチ、重さは33グラムで、ポケットに入れて携帯することも可能。最大で高度2000メートルを30分間、ほとんど無音で飛行し、赤外線カメラで敵陣を探ることができる。米英など世界およそ30ヶ国で運用中。

韓国陸軍の関係者は「無人機のサイズがあまりに小さい上、通信半径内で突然消えたせいで、結局見つけ出すことができなかった」とし、陸軍と特殊戦司令部は「原因不明の紛失」と結論付けた。

第13旅団は昨年4月、京畿道広州にある特殊戦学校の訓練場で降下訓練中にK1小銃1丁を紛失したこともあった。当時、訓練場一帯に非常線を張って大規模な捜索を行ったが、ついに見つけ出すことはできなかった。

スポンサーリンク

第13旅団は文政権下の2017年12月、北朝鮮のミサイルの脅威に対応して創設された。有事の際、核兵器の発射権限を持つ北朝鮮の戦争指導部を除去し、戦争指揮施設を無能力化する任務を帯びており、外部には「斬首部隊」という別名で知られる。

しかし、2018年の南北首脳会談以降、斬首部隊の存在は有名無実と化し、韓国軍は、この部隊の装備の一部を他の部隊へ回すこともあったという。
韓国軍内外では「部隊の士気が下がっているから事故が続く」、「かつての実尾島684部隊(1960年代末に、北朝鮮首脳部攻撃を目的に訓練された特殊部隊。映画『シルミド』で知られる)のような境遇」という声も上がっているという。
以上、
UAVは電波を発信している以上わかるだろうに。
北朝鮮がイランのように遠隔操作で自国領に着陸させた可能性は・・・・、K1も一時土に埋めその後、北朝鮮に手土産にした可能性はないのだろうか。何でもアリの文政権だ。

↓FLIR-ブラック・ホーネットは、4枚羽根型やヘリコプター型もある。
 0316_03.jpg

 

[ 2021年3月16日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧