アイコン 韓国・尹錫悦全検事総長の支持率さらに上昇39.1%


韓国社会世論研究所が22日発表した次期韓国大統領にふさわしい人物を問う世論調査によると、前検事総長の尹錫悦氏が最も高い39.1%の支持を集めた。前週に比べ1.9ポイント上昇した。大統領選は来年3月9日に実施される。

尹氏の支持率は、これまでの各種世論調査のうち最も高くなった。
検事総長に在任中は10%台半ばにとどまっていた同氏の支持率は、今月初めの辞任後に30%台へと急上昇している。

1、尹錫悦氏が前週比1.9%上昇して39.1%
2、李在明が前週比▲2.5ポイント下落して21.7%、左派「共に民主党」の京畿道知事・与党共に民主党から次期大統領選の最有力候補だった朴元淳ソウル前市長のセクハラ自殺事件でライバルがいなくなり、支持率が与党陣営で№1になっている反日ポピュリスタ。
3、李洛淵氏が▲1.4ポイント下がった11.9%、前首相で共に民主党前代表
4、洪準杓国会議員が5.9%、
5、秋美愛が2.7%、前法務部長官
6、劉承ミンが2.7%、保守系「国民の力」前国会議員、反日
7、丁世均首相が1.9%

スポンサーリンク

調査はメディア財団TBSの依頼で、19、20の両日に全国の18歳以上の1007人を対象に実施された。
以上、韓国紙参照

「(文政権)民主主義の仮面をかぶった独裁を排撃すべき」・・・尹錫悦検事総長退任直前の言葉だ。

韓国は保守や左派に関係なく、一回、まともな尹錫悦氏のような人物を大統領にしなければ、嘘公約型・自殺者3人元大統領収監の積弊清算・独裁型の韓国病は治らないだろう。
辞任は2021年3月4日、大統領選挙は2022年3月9日、1年以上選挙の前になる(尹錫悦前検事総長は大統領選挙に出馬するため計算づくの日付で退任した可能性は否定できない)。

文大統領が株主のハンギョレ新聞は、尹錫悦前検事総長を脅威と見たのか、意図して、これまでの職責上大統領選挙に立候補すべきではなく、政治にかかわるべきではないという論調を展開している。

金宜謙はハンギョレの記者から論説委員になり、文在寅氏から2018年4月大統領府報道官に抜擢され、文政権が大統領府・政府関係者・与党議員たちに対して不動産投資を厳しく制限している中、報道官在任中の2018年7月にソウルの投機用ビルを2.5億円で購入、1.5億円を自己資金、1億円を銀行から借り入れて購入していたことが2019年3月にバレ、同月辞任。
金宜謙は妻が勝手に購入したものだと開き直り、2020年4月15日の総選挙では文大統領お抱えで共に民主党から比例で出馬、次点で落選。同選挙区から共に民主党の朴映宣国会議員が4月7日のソウル市長選挙に出馬のため辞職、そのため比例で繰り上げ当選となり、めでたく国会議員に就任している。
ハンギョレに勤めていれば1.5億円も簡単に貯まるようだ。そして国会議員にもなれるようだ。
何か狂っている。まるで北朝鮮のようだ。

[ 2021年3月22日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧