アイコン ユニゾHDの危機  資産大幅減少 財務から見る

ホテル・オフィス事業を行うユニゾHDの社債は2020年9月末現在で1年内償還が150億円、長期負債に入る社債は890億円、20年3月期から半年後の20年9月末現在でも1,040億円で変わっていない。

借入金は、みずほ銀行や三井住友銀行が引き上げたことなどから、20年3月期から半年後の20年9月末現在では▲590億円減少して1,962億円となっている。借入先は分散され88社にのぼり、その借入先の多くが社債も抱え込んでいるという。

問題は東証一部の上場を廃止した従業員とローンスターが設立したチトセア投資によるEBO、ローンスターから2,000億円あまりを借入れ実施、その後、その借入金返済に運転資金の現預金や販売用不動産を売却して資金調達したものと見られている。具体的には全株購入先のチトセア投資への2160億円の貸し出しとなったと見られる。

また、みずほや三井住友が引き上げにかかり借入金総額も▲590億円の減少となっており、有形固定資産も19/3月期5,402億円、20/3期に販売用不動産1,436億円を計上し2,187億円まで一気に減少、さらに20/9月末の中間期には1826億円まで減少している。

こうしたことから、実質債務超過ではないのかと同社社債を買い集めている香港の投資会社が問題提起している。

短期貸付金の価値をどう評価するかで債務超過にもなるが・・・。

同社は社債償還や借入金の返済もあり、資金繰りが逼迫している可能性も指摘されている。

今や社債は100円が22円くらいまで下落しているという。

 

 

スクロール→

ユニゾHD

 

連結/百万円

19/3

20/3

21/3Q2 

 

売上高

56,053

40,723

264,918

 

経常利益

11,796

3,948

108,692

 

株主利益

11,903

34,424

77,072

 

純資産

113,130

144,004

165,255

 

総資産

699,552

545,422

482,379

 

自己資本率

16.3%

26.4%

34.3%

 

主要資産科目

 

現預金

122,006

163,504

55,035

 

販売用不動産

-

143,665

-

 

短期貸付金

0

0

216,025

 

有形固定資産

540,290

218,787

182,640

 

有利子負債

 

短期借入金

5,280

4,500

800

 

1年内償還社債

0

5,000

15,000

 

1年内返済長期借入金

70,196

45,161

63,414

 

社債

104,000

99,000

89,000

 

長期借入金

374,758

205,607

132,041

 

借入金小計

450,234

255,268

196,255

 

社債小計

104,000

104,000

104,000

 

554,234

359,268

300,255

 

主な借入先

 

みずほ銀行

62,997

11,343

 

 

三井住友銀行

33,114

 

 

 

NYライフインシュランス

31,082

30,472

 

 

PMCバンク

 

8,764

 

 

TOB=EBO

 

東証一部の同社は20204月、従業員とローンスターが設立したチトセア投資がEBOにより100%株主に。資金はローン・スターグループからの借入金1510億円、優先株引受550億円の合計2060億円調達していた。

 
 
 
         

 

 

 

[ 2021年3月27日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧