アイコン 偽画像を検知するアプリ登場 フェイクニュース対策

偽ニュースやわいせつ物制作に悪用されるデジタル映像変造技術「ディープフェイク」を選り分けることができるモバイルアプリケーション(アプリ)が、韓国で初めて開発された。・・・残念ながら韓国の話だ。

KAIST(韓国科学技術大学)コンピューター学部のイ・フンギュ教授の研究チームとKAIST起業企業デジタルイノテックは30日、人工知能(AI)技術の人工神経網でディープフェイクの映像や写真を探知するソフトウェア「カイキャッチ」をモバイルアプリの形態で開発し、サービスを開始すると発表した。

ディープフェイクは、AIを利用して既存の人物の顔や特定部位を違和感なく入れ替えたり変形するイメージ合成技術。
他人の顔に変える顔の入れ替え、有名人の顔を真似する顔の再現、顔の一部の姿を変える属性変換などがある。
偽ニュースやわいせつ物の制作などに悪用され、個人の人権を大きく侵害する事例が多かった。

 

「カイキャッチ」は、aviやmp4形式のディープフェイクを疑う動画をアプリに掲載すれば、これを個別フレームに切ってイメージに変換し、ディープフェイクの有無を選り分ける。
映像が微細に変形したシグナルの跡を見つけ、鼻、口、顔の輪郭などで幾何学的歪曲が発生したかどうかを探知する。
動画1フレームをキャプチャーしてイメージで作っても分析が可能。
写真の偽造・変造も確認できる。「BMP」「TIF」「TIFF」「PNG」「JPEG」など、多様な形式のデジタル写真を掲載すれば、偽造・変造の疑いがある部分を別の色で表示した分析イメージを提供する。

イ教授は、「予測できなかったり、分からない変形技法を使っても、90%前後の高い信頼度で探知する」と語った。
現在は、アンドロイド基盤のスマートフォンでのみ使用できる。アプリは無料でダウンロードでき、分析を依頼すれば費用を払わなければならない。動画や写真を掲載すれば、3日以内に分析結果を受け取ることができる。
近いうちにアップルのiOS用としても披露する予定だという。
以上、

韓国のIT技術が進んでいると感じたのは2000年ころ、ソフト開発会社が急成長し、日本にも進出してきていた。しかし、日本は聖域なき削減に入り、科学技術力が急降下、アベノミクス下、企業が空前の利益を出すなか、税収も大幅に増加したにもかかわらず、科学技術予算は削られ続け、沈没状態にある。企業も聖域なき削減をして正規雇用者を非正規に変え、利益は米ハゲタカに怯え内部留保にまわし、そして株主還元策で吐き出し、未来投資を行う企業などほとんどなく、それでいて不正の限りを尽くし利益を出してきた。
それが小泉時代から安倍政権まで続いている。
「世界でナンバー2ではいけないんですか」という、自らの議員報酬をカットもせず、愚かな政権まで誕生させた日本だが、未来投資している企業はどれほどあろうか。尻に火が付いて20年、もう取り戻すことなどできそうもない。
政治はお坊ちゃまが司り、企業はサラリーマン経営者たちが自らの地位維持のためなんで根ありの経営を続けている。

 

[ 2021年3月31日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧