アイコン 「米破産申請数、個人の自己破産急増」「貴人鳥が経営破綻の危機」ほか/倒産・不況ニュースピックアップ

倒産バナー

釜山港20年実績、日本発着TS 6%減。韓進倒産以来の前年割れ。コンテナ不足影響

 韓国・釜山港湾公社(BPA)のまとめによると、2020年に釜山港でトランシップ(TS=積み替え)された日本発着貨物は前年比6%減の171万1889TEUだった。前年を割るのは、韓国最大のコンテナ船社だった韓進海運が法定管理(日本の会社更生法に相当)入りし、経営破綻した16年以来4年ぶりとなる。新型コロナウイルス感染拡大による荷動き減少に加え、年後半でのコンテナ不足が影響したようだ。



米破産申請数、3月は1年ぶり高水準 個人の自己破産急増

調査会社エピックAACERが5日公表したデータによると、米国の破産申請件数は3月に1年ぶりの高水準を付けた。個人の自己破産件数が前月から41%急増したことが主因。

事業者の破産申請も増加。ただ、大規模企業が対象の連邦破産法11条の適用申請は384件に減少した。

新型コロナウイルス流行発生後、破産申請数は減少傾向にあった。エピックAACERは米政府による個人向け支援策や、コロナ流行ピーク時の裁判所の閉鎖で申請が先送りされただけだと分析していた。

この先送り分が足元で処理されつつある可能性がある。事業者以外の破産申請は3月に約1万2000件増え、4万1000件強に上った。

 
 

中国の「買収マニア」こと貴人鳥が経営破綻の危機

山東如意集団(本社:中国·山東省)、七匹狼(本社:中国·福建省)、復星国際(本社:中国·上海)とともに中国の「買収マニア」とも称されている大手スポーツ企業の貴人鳥(本社:中国·福建省)は、会社更生手続きを申請し受理されたものの、破産になる可能性があることがわかった。貴人鳥は、2017年9月に米国のスポーツブランド「プリンス(PRINCE)」の商標権を獲得したことで知られている。2017年12月9日に30.76元だった株価は2021年4月2日には2.61元にまで値を下げている。

 

米破産申請数、3月は1年ぶり高水準についてネットの反応では・・・「アメリカ人てなんも考えずに借金してそう」「リーマンの頃と変わってないんだろうね」「アメリカじゃ裁判所もコロナで縮小してたのか、日本じゃ考えられんな」「ワクチンで本当にもとに戻ればいいね」などの声があがっている。

 

 

[ 2021年4月 6日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧