アイコン 阪急阪神HD 21ホテルのうち6ホテル閉館へ

阪急阪神ホールディングス(HD)は31日、新コロナ惨禍によるホテル事業の悪化を受け、傘下の阪急阪神ホテルズが直営する21ホテルのうち、大阪新阪急ホテルなど6ホテルの営業を2025年度末ごろまでに順次終了すると発表した。インバウンド(訪日外国人客)の回復が見通しにくく、改善は見込めないと判断した。


スクロール→

阪急阪神ホテルズ構造改革 閉館計画 2021.3.31

2021年度末

第一ホテルアネックス

吉祥寺第一ホテル

梅田OSホテル

レム鹿児島(オーナーへ返還)

2022年度末

第一ホテル東京シーフォート

2024年度末

大阪新阪急ホテル

2025年度末

千里阪急ホテル

 

 

これに伴い、阪急阪神HDは2021年3月期の連結業績予想を下方修正した。
最終損益は▲400億円の赤字と過去最大。
鉄道各社ではホテル事業の見直しが相次いでおり、コロナ禍の傷痕が深まっている。

阪急阪神ホテルズは2025年度初めまでに従業員を約800人削減し、1500人規模にする。
営業を終えるホテルの従業員は他のホテルなどに配置転換。新規採用を抑えることで規模を縮小し、雇用は続けるという。

営業終了のホテルで客室数が最大の大阪新阪急ホテルは、東京五輪の昭和39年開業。阪急大阪梅田駅に隣接するアクセスの良さや、家族層をターゲットにしたビュッフェなどで人気を集めていた。だが近年老朽化が目立っていたうえ、コロナ惨禍前は9割超だった稼働率も現在は2~3割程度にとどまるなど苦境が続いていた。
阪急阪神HDは、稼働率が堅調で収益力の高いホテルに経営資源を集中させるとしている。インバウンドの回復が遅れても、事業を維持できるようにするとしている。
ワクチン効果が疑われる変異ウイルスがインドで出現するなど、

他の私鉄では、
近鉄グループHDが8つのホテルの売却を決定。
京阪HD傘下のホテル京阪もユニバーサル・スタジオ・ジャパンに隣接する1ホテルの営業を5月に終了すると発表した。

西日本鉄道(西鉄)もジェットコースターがある「かしい花園」(開業1956年/12.3万㎡)を赤字から今年いっぱいで閉鎖することを決定している。

COVID-19の疫病は長引けば長引くほど、感染者が多くなれば多くなるほど変異株が出現するといい、中にはワクチン効果をすりぬける悪玉の変異株も、ワクチン効果での収束は限られるという。そうした悪玉変異株用のワクチンがさらに必要となり、収束するには4年から5年余りかかると見られている。すでに1億29百万人が感染し、282万人が死亡している。

まさに新コロナ戦争事態であるが、平和な日本の厚労省のお役人さんたちは銀座でドンちゃん騒ぎしている。

 

 

[ 2021年4月 1日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧