アイコン 鄭義溶韓国外交部長官 成果0 何しに中国へ行ったか


<文在寅氏の懐刀・鄭義溶外交部長官>
米国への嫌がらせ
中国に忠誠を誓うため
THAAD制裁解除のお願いに
北朝鮮との南北会談実現に向け協力要請
習国家主席の訪韓要請

<王毅中国外相>
米国では日米韓3ヶ国の安保協議が行われている日に嫌がらせのように中国訪問
台湾をいつでも占領するぞという中国、その台湾に一番近いアモイ市で会談
THAAD配備の再抗議し撤去要請、(制裁緩和どころではない)
北朝鮮についてはいつもの繰り返し、北に対する米制裁の緩和要請の手綱を緩めるなと
習国家主席の訪韓はいつもの通り検討している
中国の発表では「5G・ビッグデータ・グリーン経済・人工知能・集積回路・新エネルギー・バイオ産業などの領域で韓国と協力を重点的に強化する」と

スポンサーリンク

韓国の外相が就任した際、初訪問国は常に同盟国の米国であった。
それはこれまでの文政権でも同じだった。
しかし、鄭義溶外交部長官(外相)は最初の訪問国を中国に設定した。
そして、何か成果があったのか。何んにもない。
属国と認識し自ら就任の挨拶に行ったのか。
鄭氏は日米のお株を奪い、中国に対して2+2会談を要請。
ブリンケン国務長官が先に来韓しており、返礼もあり米国へ行くのが、韓国流の礼儀ではないのか、米国に対して非礼・無礼の限り。問題視しない韓国民すべてがネロナムブルのようだ。

最先端技術問題は欧米と中国は激しく対立。
韓国は西側なのか、東側なのか。
韓国は欧米日の技術材がなければ即経済は崩壊するというのに。
文大統領の任期もあますところ1年、反米反日で最後の牙を剥き出しするのだろうか。
実兄の国会議員まで巨額賄賂で逮捕されレイムダック状態に陥った李明博が最後に竹島に上陸し天皇陛下を侮辱・暴言を吐いたように。
ここ1年、目が離せない。
当然、日本企業資産の現金化、日本の報復、韓国の日本ボイコット、与党大統領誕生というシナリオかもしれないが・・・。

 

[ 2021年4月 7日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧