アイコン 文政権大敗、レイムダック選挙となったソウル・釜山W市長選挙「結果と敗因」


韓国の文大統領にとって7日の首都のソウル市および南部最大都市の釜山市のW市長選挙は、与党陣営の驕りに昂ぶりに対する韓国民・市民が文政権を断罪したものとなった。
両都市の与党陣営の市長は、釜山市がセクハラで辞任、ソウル市がセクハラで自殺して行われたものであり、不正・不正義があれば、候補を出さないという文大統領の準公約を早々に撤回しての与党陣営からの候補擁立であった。

 

与党敗戦の原因は、女性票を軽視したことにあろう。

1、セクハラ事件、特にソウル市長については被害者が加害者だとする二次被害の深刻性に対して、文政権や与党陣営が適切な処理・対策を講ぜず、被害者がその被害の実情を当選挙前に始めて公表したこと。女性票離れを引き起こした。

2、不動産政策での不正、文政権はこれまで25回も不動産価格の抑制策を講じてきたが、逆に値上がり続け、最後は強力な不動産3法を成立させたものの、国民の批判を受け、強力な文支持世代の30代を離反させたこと。それでも値上がり続ける首都圏の不動産価格でもある。今になって文政権は住宅の大量供給に転じているが、大規模住宅団地計画を策定したものの、計画を策定させた土地住宅公社(LH)の幹部や職員たちが計画地を大量に先行取得している事実が発覚、国民から猛批判を浴びていることにある。LH事件

3、新コロナ対策もK防疫としてこれまで文大統領の支持率を大きく押し上げる効果をもたらしてきたが、12月の第3波に文氏自身がK-防疫宣伝をできなくなってしまった。

現在も第4波の兆しが濃厚になり感染者数が上昇していることにもある。各種防疫規制に対し国民の不満が鬱積してきている。また政権はK-防疫に溺れワクチン手配が遅れ、ワクチン調達が進んでいないことも批判されている。

 

4、経済については、新コロナによりあまり問題視されていないが、好調な輸出だけが頼り、新コロナ規制もあり内需は停滞したままとなっている。その影響を韓国に異常に多い個人事業者や国民が受けている。



 

スポンサーリンク

今回の選挙では、世論調査で不利になった与党の候補者たちが、公然と文政権の政策と異なった政策を持ち出したことも注目を浴びている。

文大統領の支持率も2017年5月就任以来最低の31%~34%の各社の世論調査の結果となっている。

韓国2大都市の首長選挙の与党陣営の大敗は、文政策に対して国民がNONを突きつけたものであり、頑固な左派頭の文在寅氏の任期も実質1年を残し、当選挙がどう影響するのか注目される。

ただ、与党が絶対多数を牛耳じている国会、左派や中国派、北朝鮮派が強硬な態度に転じる可能性もあり、何が飛び出すかわからない状況に至っている。

検察改革と称して検察の捜査権を奪い続け、自ら就任させた検察総長を忖度しないとして自ら罰し、窮地に追い込み辞任させるなど、すでに文政権はヒステリック状態。

今月にも稼動する高位公職者捜査処による与党陣営の不正の隠蔽、不義不正、処理遅延については各マスコミ(日本の週刊文春並み)が追及してくることから、さらに文政権は窮地に追い込まれるものと見られる。


スクロール→

202147日投開票 韓国・市長選挙結果

ソウル市

野党・国民の力

与党・民主党

呉世勲

朴映宣

  票獲得率

57.50%

39.18%

釜山市

野党・国民の力

与党・民主党

朴亨ジュン

金栄春

  票獲得率

62.67%

34.42%

 


スクロール→

韓国 新コロナ新規感染者数

 

韓国

48

42

557

ソウル

244

首都圏71.2%

43

543

京畿道

230

44

543

仁川

25

45

473

釜山

52

ほか28.8%

46

478

ほか

149

47

668

韓国も第4波の兆し濃厚

48

700

 

[ 2021年4月 8日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧