アイコン 米国、ヒステリックな韓国を相手にせず 放射性物質入り原発処理水海洋放出問題


フクシマ第1原発処理水の海洋放出決定をめぐり、韓国の鄭義溶外相(親中・北朝鮮愛派)は17日、同国を訪問したケリー米大統領特使(気候変動問題担当)に対し、韓国政府・国民の「深刻な憂慮」を伝達し、日本への情報公開要求について米国の協調を求めた。

ところが、ケリー氏は18日、記者団に対し、国際原子力機関(IAEA)と日本の適切な連携を「確信している」と強調し、「米国は介入すべきでない」と述べ、韓国の要請を断った。

韓国外務省の発表によると、17日に中国・上海から韓国・ソウルに移動したケリー氏は同日夜、鄭氏と約2時間会談した。発表は、鄭氏の協調要請に対しケリー氏がどう応じたのかについての言及はなかった。
 ケリー氏は18日、記者団に対し、日本政府による処理水の海洋放出決定について「あらゆる選択肢が考慮された(結果だ)と承知している」と評価。韓国側の懸念を共有するのか尋ねる質問に対しては、IAEAと日本が「緊密に協力しており、今後も同様であると確信している」と強調した。
 ケリー氏はまた、22~23日に米国がオンラインで開催する気候変動に関する首脳会合で、処理水の問題は議題にならないと述べた。
以上、

スポンサーリンク

韓国文政権は、ソウルと釜山のW市長選で大敗、日本の海洋放出決定を受け、大統領選に向け再度国民の目を文政権・与党に向けさせるため、ジャパンパッシングに入っている。

放射能については、韓国民は自国の原発は度外視して、特に日本の放射能にはアレルギーを持っており、一番火をつけやすくなっている。典型的なネロナムブル。
そのほかにも、韓国は日本たたき材料として、元徴用工問題での日本企業資産の現金化問題も持っている。当然、日本政府が報復すれば、韓国民に瞬時に反日の炎が上がり、与党は次期大統領選を優位に進めることができる。

文在寅大統領が株主であるハンギョレもトリチウム問題ばかり取り上げれば、韓国原発のトリチウム問題が取り上げられ、戦いにならないと見て、ストロンチウム問題を取り上げている。
希薄化して太平洋にドボンと廃棄すれば問題ないだろうが、10キロ沖合いには黒潮が流れており、黒潮に放流すれば、より問題を少なくできる。沿岸は黒潮の反流があり、南下する恐れが高い。もしかすると東京湾に蓄積するかも・・・。

また放射性物質除去装置のアルプス活用前の初期のタンクにはストロンチウムなど放射性物質が入っており、アルプスで再度除去するか、安上がりの廃棄物の牛骨をろ過装置に使用しさらに除去してから、排水すべきではないだろうか。

東電はヒトゴトではなく、自らの問題であり、政府におんぶに抱っこされたまま、居直り、やりたい放題では、東電の存在自体が問題となる。
海洋放出する前に、先も長くないボルサリーノを被った麻生氏に飲んでもらう一大パフォーマンスをしていただきたいものだ。

 

[ 2021年4月19日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧