アイコン 西松建設 渋谷区の高級タワマン施工不備で90億円の特損計上へ

同社は2019年3月に完成させ、引渡した東京都所在のマンションで、内装等に関する施工不備が判明。所有者の個人資産に関わることであり、具体的内容の公表は控えるとしている。なお、今回の施工不備については、構造体に関わるものではない。

施工不備の原因については、現在精査中だが、品質管理上の確認業務が不十分であったことが原因と考えており、今回の施工不備の責任があるとしている。

当該マンションの所有者、入居者、施主と相談しながら、早期に補修工事を行う準備を進めるとしている。

同社は特別損失として90億円引き当てることを決定した。

以上、リリース

 

なお、フライデーによると、

2019年3月に竣工した渋谷区内の高級タワーマンション。

住友不動産が販売、

西松建設が施工担当、

戸数は310戸、価格は9,780万~2億6,000万円。地下駐車場の湿気のよる誤作動問題、住戸の耐火構造壁問題があげられているようだ。


スクロール→

連結/百万円

売上高

営業利益

←同率

経常利益

株主利益

前回

330,000

18,500

5.6%

19,100

18,000

今回

336,200

20,900

6.2%

21,500

17,100

今回/前回比

1.9%

13.0%

 

12.6%

-5.0%

前期実績

391,621

25,313

6.5%

25,838

18,721

今回/前期比

-14.2%

-17.4%

 

-16.8%

-8.7%

 

[ 2021年4月19日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
 


PICK UP


破産・小口倒産一覧