アイコン 韓国前首相 バイデン大統領をチンピラ呼ばわり スプートニクV


韓国の丁世均前首相が23日、ラジオ番組に出演し、バイデン米国大統領をチンピラと批判した。
バイデン大統領が、新型コロナウイルスワクチンを自国から優先して供給するという原則を明らかにしたことに対し、「米国が禁輸措置を取るなら、これはチンピラしかしないようなことだ」と批判した。
丁世均前首相(4月16日まで首相/次期大統領候補の一人)

「ワクチンの版権を握っているのは米国にある多国籍企業」としながら「契約済みのものがあり、いつまで納品するという約束もあるのに、米国政府が禁輸措置を取るならワクチンを横取りするようなもの」と話した。
あわせて「こんなことができるだろうか。これはチンピラしかしないようなことだ」と付け加えた。
「米国がどうしたらそのようなチンピラのようなまねができるだろうか」
「大韓民国も米国の同盟国だ。援助を受けているわけでもなく、製薬会社と契約ができている」
と強調した。
丁氏によると、韓国政府はワクチン契約を結び、前金をすでに支払っている。あわせて「われわれは、米国が中間で横取りするならそれをただ見ているだけだろうか」とし「過度に不信を助長したり、起きてもないことに対して心配を作り出したりすることは賢明なことでない」と再度話した。

スポンサーリンク

丁氏は、李在明京畿知事が、ロシア製ワクチン「スプートニクV」の導入を言及したことに関連しては否定的な反応を示した。
「政府がファイザーなどの会社と7900万人分をすでに契約したので直ちに追加契約を急具必要はない」
「ワクチンは無料ではない。国民の税金ではないか。決定の結果が財政損失を招くなら、政府が責任を負わなければならない」と指摘した。

バイデン大統領は4月21日、ワクチンの海外共有に関する質問に
「海外に送ることを確信するほど十分に持っていない」
「(今後)可能になると期待する」と述べた。

バイデン大統領の言及は韓国など多くの国々がワクチン確保で非常事態に陥っている中、それでもワクチンを最も多く保有した米国に助けを要請する状況から出た発言ということで、韓国では、需給不安に対する懸念が提起された。
以上、
これは日本の問題でもあり、世界の問題でもある。米国のワクチン、ワクチンの特許技術、原材料など37種を輸出禁止した「国防物資生産法(DPA)」。
逆の立場だったらどうだろうか。

日本は1930年代、東南アジアから原油を輸入していた。フィリピンを植民地としていた米国が日本に対して、南シナ海域を封鎖するとした。日本は死活問題だとして太平洋戦争に突入した。今や南シナ海を領海だと勝手に主張して中国が封鎖しようとしている。
ワクチンは原油より問題だが、メーカーとの契約も度外視し、生産国が独占管理している。
米国だけではない。米ファイザー製薬のベルギー・アントワープ工場は欧州連合=EUが輸出許可制にしている。
中国はワクチン外交を展開、中国からの借金漬物国に対してさらに借金を負わせている。新興国にしても当然ワクチンを渇望、手に入る安価な中国製ワクチンの購入を最優先させている。
EUでも東欧諸国は中国製も投入している。
日本が契約し多額の契約金を渡したのは8~10月までで、ワクチン承認以前、メーカーや生産国と喧嘩しないことから手に入らない。ワクチンをEUからお裾分けしてもらっているのが現実。
韓国が契約したのはワクチンがイギリスなどで承認されてからの12月以降、未承認ワクチンも含めて数量あわせにあちこちと契約している。契約そのものが遅すぎ。

韓国政権は、米国に対して居直り始めているようだ。親中従北の文氏や高官たちの中国寄りのヨイショ発言がさらに目立つようになってきている。それでワクチンを・・・・。

韓国も日本もmRNA型ワクチンを製造した経験はなく、P3級の製造施設もないか、極限られている。そのため製造受託したとしてもすぐには生産できない。もしも国内使用分の生産を受託したとしても生産には韓国でも半年以上かかり、日本はとろいことから1年以上かかる。

 


スクロール→

韓国の購入ワクチン

COVAX経由

,000万回分

英アストラゼネカ製

,000万回分

米ファイザー製

,600万回分

米J&Jヤンセン製(1回)

 600万回分

米モデルナ製

,000万回分

米ノババックス製

,000万回分

1億5,200万回分

人用計

,900万人分

 


スクロール→

世界の主なSARS-CoV2 ワクチン

 

有効率

備考

米ファイザー/独ビオンテック

mRNA型

96.0%

 

米モデルナ

mRNA型

94.5%

 

英アストラゼネカ

ベクター型

70.0%

血栓問題

米J&J・ヤンセン(1回型)

ベクター型

66.0%

血栓問題

露国営ガマレア

ベクター型

接種中不明

スプートニクV

中シノバック

不活性化型

5083%

麻痺、有効性問題

中国営シノファーム

不活性化型

79.4%

麻痺、有効性問題

中国営シノファーム

不明

72.5%

麻痺、有効性問題

追、米承認7月頃予想

米ノババックス

組換蛋白質

96.0%

未承認

2回型

 

 

[ 2021年4月23日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧