アイコン 大手レストランチェーン店 年に全国で678店舗閉鎖 減少加速/東京商工リサーチ

企業調査の東京商工リサーチは、レストラン運営の上場主要11社の店舗数は、直近決算期末で前年同期比▲7.4%減少、店舗数では678店が閉店したことがわかったと発表した。レストランチェーンは、店舗が広く従事するスタッフも多い。

同社が3月12日に発表した「大手居酒屋チェーン」店舗数調査では、前年同期から▲12.5%減で▲873店舗が閉店している。
レストランは、居酒屋と比べ店舗数の減少率は緩やかだが、都心を中心に店舗撤退が加速している。

こうした状況を背景に、大型連休(GW)を目前にした4月25日に3度目の緊急事態宣言が発令された。
外出自粛やアルコール飲料の提供自粛の要請などで、家族連れや若者を中心に客足が遠のくことが見込まれるだけに、レストランの閉店が加速する可能性が出てきた。
有価証券報告書や四半期報告書などによると、上場するレストラン運営11社の店舗数は、直近決算期(2020年12月末・21年2月末)で合計8437店だった。 前年同期は9115店で、1年間で678店減少した。

11社のうち、サイゼリヤのみ1092店と前同期の1085店から7店舗増えた。ほかの10社は、いずれも前年同期から減少した。

 

<「ステーキ宮」のアトムなど大幅店舗減少>
1年間の減少率が最も高かったのは、「ステーキ宮」などを運営するアトムの▲21.7%減(468店→366店)だった。不採算店の見直しや子会社の譲渡などが影響した。
また、九州を拠点にファミリーレストランを運営するジョイフルも▲21.3%減(882店→694店)と2割以上減少した。
同社は20年6月、コロナ禍による外食産業の環境変化を理由に、ジョイフル業態を中心としたグループの約200店舗を退店することを発表していた。
減少率では以下、
うどんを主体に和食メニューを展開する「グルメ杵屋」の▲11.1%減の396店→352店、
デニーズを運営する子会社を傘下に収めるセブン&アイHDの▲9.5%減で679店→614店へ、
昨秋に社員を対象とした希望退職も行ったロイヤルHDは9.2%減で564店→512店などとなっている。
11社の店舗数は、前年同期(2019年12月・2020年2月)が合計9,115店だった。その後、前四半期までは100店~150店の減少幅で推移していたが、前四半期から直近までの間に316店の大幅減となった。
2020年10月以降に店舗スクラップが一気に進んだ。
ただ、居酒屋が最初の緊急事態宣言明けの同7月から撤退のペースが一気に加速したのに比べ、レストランは徹撤退の流れは遅い傾向にあった。また、閉店対象となった地域も居酒屋に比べ、広範囲だった。

首都圏を中心に、通勤者の夜間利用が多い居酒屋に比べ、出店立地や客層も多岐にわたるレストランは撤退などの対応が後手にまわっている。
2021年1月、11都府県を対象に発令された2度目の緊急事態宣言は、3月下旬に解除された。
それからわずか1ヶ月後に、3度目の緊急事態宣言が発令された。
最初の宣言期間中は、多くの飲食店が休業を余儀なくされ、助成金受給が限定された上場の外食産業は大半が赤字を計上した。
各社は、レギュラーメニューのテイクアウトの取り組みを進めている。また、ロイヤルHDやサイゼリヤなどは、家庭で調理しにくい総菜や普段店舗で提供しているメニューを冷凍食品で販売するなど、長引くコロナ禍への対応を模索している。

<新コロナ事態・事業環境悪続き、店舗減少加速も>
レストラン店舗は、居酒屋やバーなどに比べ客層が幅広く、出店も住宅街やロードサイドなど繁華街に限らない。ただ、外出自粛・巣ごもりの定着で、新型コロナの影響は“飲酒を目的としない”外食も直撃し、11社中、9社が直近決算期時点で赤字を計上している。

2021年2月の総務省の家計調査では、2人以上の世帯での外食への支出は前年同月比▲31.4%の減少と依然厳しく、同調査では2020年3月から12ヶ月連続して前年同月を下回って推移している。
4月25日に発令された3度目の緊急事態宣言は、各種催事やレジャー、商業施設の営業も限定され、外食産業に打撃となることは避けられない。レストランはパート従業員も含め、重要な雇用の受け皿になっているだけに、店舗減少は学生からシニアまで幅広い層の雇用機会の損失にも繋がりかねない。
各社独自の対策にも限界もあるなか、状況によっては規模の大きなレストラン事業者にも支援が必要になるだろう。

集計の対象企業・事業11社は(株)ゼンショーホールディングス[レストラン事業]、(株)サイゼリヤ、(株)すかいらーくホールディングス[レストラン事業] 、ロイヤルホールディングス(株)[外食事業]、(株)セブン&アイ・ホールディングス [子会社のセブン&アイ・フードシステムズ]、(株)ジョイフル、(株)グルメ杵屋、(株)木曽路 [飲食事業]、(株)アトム、(株)WDI[直営のみ、海外含む]、(株)梅の花[外食事業のみ]
以上、東京商工リサーチ参照


スクロール→

大手レストランチェーン11社の店舗状況

2019.122021.2

店舗数

減少数

前四半期比

前年同期比

前第1四半期

9,115

前第2四半期

9,003

-112

-1.2%

 

前第3四半期

8,919

-84

-0.9%

 

前第4四半期

8,753

-166

-1.9%

 

今第1四半期

8,437

-316

-3.6%

-7.4%

0427_03.jpg

[ 2021年4月27日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧