アイコン 【知ってた】謎の中韓福島へ猛クレーム 大学教授「非常に悪質なもの」

ポストセブンによると・・・

またしても中国と韓国が噛みついてきた。福島第一原発の「トリチウムを含む処理水」の海洋放出に、中国外務省は「極めて無責任」、韓国政府は「断固反対する」などと非難する。こうした批判について、「非常に悪質なもの」とするのは、原子炉工学が専門の奈良林直・東京工業大学特任教授だ。

なにしろ、中国や韓国が稼働させる原発も、トリチウム水を排出しているのだ。

「日本の原発が軽水炉であるのに対し、韓国の一部の原発はトリチウムの排出が多い重水炉です。日本海に面する韓国の月城原発は4基の重水炉を稼働させ、福島第一原発に貯留される量の何倍ものトリチウムを海に流してきました」(奈良林直・東京工業大学特任教授)

 在韓日本大使館は、韓国の原発が2018年、海水や大気に年間約360兆ベクレルのトリチウムを排出したと説明する。福島第一原発に貯蓄されるトリチウムは約860兆ベクレル。それを年間22兆ベクレル以下の量で放出していく計画だから、“韓国からの排出のほうがケタ違いに多い”のである。また、経産省のまとめた資料によれば、中国の大亜湾原発は、2002年に約42兆ベクレルを排出した。

以上、ポストセブンより参照

 
 

ネットの反応では・・・

「知ってた」

「マスコミが悪質、あと野党」

「ある意味、あいつら(中韓・マスコミ野党)も知っててやってる」

「悪質どころか世界に向けて日本に擦り付けてる、まあ馬鹿だけが騙されるんだろうが」

「旧民主党が一番たちが悪い」

などの声があがっている。

 

一番の問題はなぜ中韓に合わせるような報道をNHKがやったのか。

本当に公営放送として資格があるのだろうか。

 

 

[ 2021年4月28日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧