アイコン 韓国の精密誘導ロケット弾「匕弓」の技術情報UAEに流出 元社員売却


文大統領は就任早々、UAEに対して原発を警護する韓国のアーク部隊(125人)の撤退を申し入れたところ、UAEがカンカンに怒り、UAEは韓国と安保同盟関係にあるとして、UAE高官は、もしもイランと交戦した場合、UAE軍とともにアーク部隊も応戦することになると述べていた。これに対し韓国政府は外交ルートを通じた反論さえ行っていない。

文大統領はUAEから叱られ、それを収拾するため韓国の高官たちがUAEへ送り込まれていた。
韓国は李明博がUAEから原発4基を受注する際、競合のフランスより安価な上、原発を韓国軍が警備するとの裏取引をして受注していた。2010年からUAE軍の訓練や原発工事の警備のためアーク部隊が派遣され、やっと先日原発1号基が商業運転に入った。
今後、工事中の4号基が完成してから向こう40年以上にわたって、韓国の税金で成り立つ軍隊が無料でUAE原発を警護し続けることになる。こうした受注の仕方は国際法上禁忌、治外法権国の受注の仕方だ。
この問題を通して文政権はUAEに対して何も言えなくなった。

韓国・週刊朝鮮は6日、「韓国国防科学研究所(ADD)の元研究員が、開発中の精密誘導ロケット弾の技術資料をアラブ首長国連邦(UAE)に流出させたという疑惑を警察が調べているが、1年経過しても結論が出ていない」と報じた。

スポンサーリンク

同誌は、「同技術は国際的にも数兆ウォン(数千億円)の価値が認められているが、韓国政府はUAEとの外交摩擦を懸念し、問題提起もできずにいる」と報じている。
また、「UAEは2018年に青瓦台(韓国大統領府)側から兵器研究開発の支援提案を受け、それに応じるそぶりを見せていたが、裏では韓国の技術者から兵器の最先端技術資料を奪っていた。UAE側の外交欠礼と韓国政府の安逸な姿勢も批判されている」としている。

ADDに勤務していた研究員は2019年、「妻が米国にいる」という理由で退職後、米国ではなくUAEに渡り、カリファ大学付設の研究所に就職した。
同研究員は、精密誘導兵器を研究するADD第1本部に約30年勤務したベテランだったといい、誘導ロケット弾「匕弓」の技術を持ち出したとみられている。
関係者によると「米国にもない技術」であり、「サウジに数兆ウォンで輸出した実績があり、米国とも1兆5000億ウォンの輸出交渉が進んでいた」という。

さらに、同研究員の他にも第4本部の研究員4~5人がUAEに渡ったとみられている。ADDは監査の結果、「ミサイルを完成させられるレベルの研究陣を連れて行った」との結論を出している。
1人当たりの年俸は最少10億ウォン以上、20億ウォンに達する可能性もあるとしている。この流出疑惑について、警察が青瓦台の指示を受け約1年にわたり捜査しているが、いまだ結論が出ていない。
記事は「国防技術の研究者がただ海外からスカウトされたケースに見えるかもしれないが、このような高級研究者の流出やスカウトは、国産兵器の技術流出を防ぐため、現行法で禁じられている」と指摘している。

韓国野党は技術保護を怠った政府の姿勢を批判しているという。国会国防委員会所属のカン・デシク議員(国民の力)は「昨年2月に現政権の中核人物がUAEを訪問した際、交流が盛んだった2017年に比べUAE側の反応が鈍かった。不審に思い調べたところ、韓国の研究員がUAEに渡っていた。だから青瓦台が捜査を指示したのだ」、「米国にもない技術だと誇るなら流出に気を付けるべきだったのに、政府が浮かれた結果、このような事態になった」と主張しているという。
以上、報道参照

北朝鮮からロケット弾が打ち込まれた場合、そのロケット弾の軌道を逆算し発射位置を特定し、その計算に基づき韓国側の誘導ロケット弾を瞬時に発射して北朝鮮の発射陣地を攻撃するというものだろう。ロケット弾を誘導したら立派なミサイル。以前韓国紙が報じたことがある。

韓国は軍事機密を中国へ売ったり、米韓の機密資料も含め北朝鮮からハッキングにより大量奪取されるなどしていた。
問題になるのは氷山の一角、戦略物資も大量に違法輸出され、その後摘発されている件数も多く、何の情報でも戦略物資でもじゃじゃ漏れ状態のようだ。


スクロール→

神弓

携行型赤外線短距離地対空誘導ミサイル

開発会社

国防科学研究所

LIGネクスワン

単価

18,000万ウォン(2005年)

エンジン

固体推進モーター(Solid state motor

重量

19.5kg

長さ

1.68m

直径

8cm

速度

M2.1

射程距離

35km、最大7km

飛行高度

3.5km

弾頭

仏ミストラルよりも小さくね安価

誘導方式

全方向赤外線誘導

命中率

90%(自称)/米スティンガー60%

発射ブラットフォーム

携帯型または三脚

ロシア製の9K39の技術を基に開発

神弓の派生型もしくは発展型が七弓のようだ。

[ 2021年4月 9日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧