アイコン LIXIL 3月決算 大幅減益

同社は、期中にペルマスティリーザ社及びLIXILビバ社を売却しており売上高の減少は当然だろうが、子会社売却益を特別利益ではなく営業利益に入れ、営業利益を前期より増加させており評価できない。どの事業も事業利益率があまりに低く話にならない。

 同社にとってウッドショックの影響はどれほど出るのだろうか。もともとアルミ屋さんとタイル・便器等陶磁器屋さんが一緒になって最近、双方が今になって喧嘩している会社。

 マクドナルドの原田方式の利益の出し方はその後大問題を引き起こした。寄って集った大塚家具は見る影もない。そんなことにならないでもらいたいものだ。

 

スクロール→

2021年3月期  IFRS方式

 

売上高

営業利益

←率

税前利益

株主利益

18/3

1,664,817

80,949

4.9%

8,997

54,581

19/3

1,832,608

-15,029

 

-17,990

-52,193

20/3

1,514,449

32,010

2.1%

40,909

27,727

21/3

1,378,255

35,842

2.6%

33,804

16,368

21/20

-9.0%

12.0%

 

-17.4%

-41.0%

22/3期予想

1,440,000

78,000

5.4%

75,500

49,000

22/21期比

4.5%

117.6%

 

123.3%

199.4%

2021/3期 部門別 事業利益

連結/百万円

売上高

事業利益

事業分野

当期

前期比

当期

前期比

利益率

ウォーターテク.

783,805

-5.4%

62,148

1.0%

7.9%

ハウジングテク.

474,291

-12.5%

31,435

11.1%

6.6%

ビルディングテク.

93,375

-17.2%

2,611

-2.2%

2.8%

住宅サービス

46,556

-13.8%

2,136

-28.4%

4.6%

調整

-19,772

 

-41,042

 

 

合計

1,378,255

-9.0%

57,288

9.6%

4.2%

 

[ 2021年5月 1日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧