アイコン (株)大匠設計(鹿児島)/破産手続き開始決定 建築設計 新型コロナ関連倒産

 
 

続報。建築設計の(株)大匠設計(所在地:鹿児島市上本町*** )は4月19日付、鹿児島地裁において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

停止時の負債総額は約6億円。

資本金は1000万円、従業員は27名。

既報記事
(株)大匠設計(鹿児島)/自己破産へ 新型コロナ関連倒産

同社は昭和59年7月創業、昭和63年1月法人化へ、新型コロナの影響で業績が悪化、事業を断念し、今回の措置となった。

破産管財人には、鳥丸真人弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和3年10月7日午前10時30分。

事件番号は令和3年(フ)第88号となっています。

 

要約は次のとおり


スクロール→

破綻企業 要約

1

破綻企業名

(株)大匠設計

2

本社地

鹿児島市上本町3-9

3

代表

濱田稔

4

設立

19881

5

創業

1984

6

資本金

1,000万円

7

業種

建築設計会社

8

売上高

ピーク:201810月期、約2億円

9

破綻日

310

10

破綻内容

破産手続き開始決定

 

11

破産管財人

鳥丸真人弁護士

鹿児島県 鹿児島市易居町10-4-603

12

負債額

約6億円

13

破綻内容

同社は医院や病院、老健施設などの設計を得意とし、本店地の鹿児島のほか、福岡(博多区)にも事務所を構え、代表の営業力でこれまで受注してきていた。しかし、代表が体調不良に陥り、さらに昨年、新コロナで病院案件が軒並み延期や立ち消えになり、同社は大幅な受注減に見舞われていた。代表の健康状態もあり、今般の事態に至った。

 

[ 2021年5月 7日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧