アイコン 破産申請の則武地所のアパート 国交省4ヶ所危険 弁護士は57ヶ所危険と

国交省は、今年4月17日に東京 八王子市のアパートで階段の一部が崩れ落ちて、住人の女性が死亡した事故で、工事を行った神奈川県の建設会社「則武地所」が手がけた166ヶ所を現地調査、うち少なくとも4ヶ所は劣化が進み危険な状態にあるということがわかった。
このため国交省は自治体を通じて、オーナーに対し、階段を支える仮設の柱を設置するなどの緊急の対策をとるよう求めた。
問題の八王子市のアパートでは、階段の一部が崩れ落ちて住人の58歳の女性が転落死した事故では、踊り場に防腐処理加工がなされていない木材が使われ、その上にモルタルをじか塗っているため、階段との接続部分の木材が腐食していたことが分かっている。
以上、

17日のテレ朝の報道によると、則武地所の代理人弁護士は、東京都内と神奈川県内で則武地所が建てた集合住宅を点検したところ、57の物件で外階段が腐食するなどして劣化していることが確認された。このため、物件の所有者に対し、詳細な調査や修理を求める文書を出したという。
しかし、則武地所が自己破産の申請をしたため、会社としてこれ以上の対応は難しいという。
 

 

国交省の調査と則武地所の代理人弁護士の報告の違いはなんだろうか。国交省の調査はいつものヒモ付の外部委託者の調査だろうが・・・。

アパート階段は、本来、亜鉛めっきが施された鋼材を使用し、さらに防錆塗装を定期的に行っている。

こうした問題が発生しないように、法律では、使用部材にいたるまで、建築基準法で細かく定めている。
しかし、設計段階と完成段階で、地方自治体なり、業務委託された検査確認機関が杜撰なため、建築監修段階、完成段階で、建築申請された設計図面どおりに忠実に施工されているか確認がなされず、こうした事件を発生させている。
検査が、結果、杜撰であっても、その責任は施工した会社に限られ、行政側や委託された検査機関には法的な措置は何も問われない。

 

その施工した則武地所は自己破産申請している。


 

[ 2021年5月18日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧