アイコン ツール・ド・フランス 26日の大クラッシュ原因女性を逮捕

6月26日に開幕したツール・ド・フランス(2021 Tour de France)の開幕日に、大クラッシュが発生したことを受け、大会主催者はクラッシュの原因をつくった沿道の女性観客を訴える意向を示した。

事故の場面で、問題の女性はプラカードを手にしたまま迫ってくる集団に背を向け、テレビの中継カメラの方だけを見ていた。
その直後、集団の先頭付近を走っていたチーム・ユンボ・ビスマのトニー・マルティン(ドイツ)が、道路にはみ出していたプラカードにぶつかって落車。そこから倒れたバイクと選手にさえぎられて他選手も次々に落車する恐ろしい大事故に発展した。
これにより、少なくともチームDSMのヤシャ・ズッタリン(ドイツ)がリタイアを強いられ、他にもギャラリーを含めた数人が負傷した。

大会副ディレクターのピエールイブ・トゥー氏は「われわれは、不適切な行動を取ったこの女性を訴える」と発言。「ごく一部の人間の行動でみんなの大会が台無しにならないようにするためだ」と述べた。
30日、警察は事故の原因をつくった黄色い上着を着て現場から立ち去っていた女性観客を逮捕したことを明らかにした。
以上、AFP参照

 

同大会では昨年も大クラッシュが発生していた。
女性にまったく悪意はないだろうが、道路にプラカードがすすっており、過失致傷は歪めない。


0701_01.jpg

[ 2021年7月 1日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧