アイコン 米マイアミの12階建コンドミニアム倒壊 1人死亡、最大99人不明


米南部のフロリダ州のマイアミ北近郊の12階建のコンドミニアム(日本のマンション)が24日午後、突然一部崩壊。現地の報道では、これまでに1人の死亡が確認され、35人を救出、一部は病院へ搬送されたという。しかし、まだ約50人から99人が行方不明だとしている。

建て増ししたのか不明だが、倒壊した部分は、倒壊しなかった建物の一部をえぐるように崩れ、大量のがれきとなっている。

マイアミのコンドミニアムは別荘として使用している人たちも多く、居住していたのかどうかも分からないという。

サーフサイド市長のチャールズ・バーケット氏は会見で、「建物の裏側、おそらく3分の1以上は完全にパンケーキになっている」と語った。

スポンサーリンク

現地警察は現場を、マイアミビーチの市境の北にあるサーフサイド市の8777コリンズアベニューに所在する「Champlain Towers(シャンプランタワー)」だとしている。
1981年に建設され、2ベッドRタイプある130ユニット(総戸数)、うち半分が崩壊したという。
以上、
崩壊の仕方が異常、米国の建物は通し柱のような躯体を支える構造の建築様式ではないのだろうか。そうでなければペシャルことはないだろう。9.11も上から下まで完全にぺシャッタ。

<倒壊後と前>
 0625_04.jpg

[ 2021年6月25日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧