アイコン 三菱地所 オペラハウス眺望の超高層マンション2棟に事業参画

 

三菱地所は、オーストラリアのシドニー中心部における大規模住宅開発事業「One Sydney Harbour Residence Two」(地上68階建、総戸数322戸、「R2」)に参画すると発表した。
同社4件目となるLendlease社(「LL社」)との共同事業となっている。

LL社が推進中の「One Sydney Harbour Residence」計画(計3棟、総戸数約800戸)の一部として開発する。
2020年7月に参画した「One Sydney Harbour Residence One」(地上72階建、総戸数315戸、「R1」)に続き、開発事業への参画は2棟目。R1とR2の2棟で、計637戸の開発となる。

開発地は、シドニー空港から約12km。「Barangaroo」と呼ばれる再開発エリアの一画で、周辺にはオフィスやホテル、カフェ、レストランといった商業機能や、公園等が集積している。
多くの住戸から、オペラハウスやハーバーブリッジを望める。

R1に隣接しており、2棟で高層ツインタワーをなす。
住戸は1~3ベッドルーム、
専有面積は63~186平方メートル。
ラウンジやフィットネスジム、プール、ワインルームなどの共有スペース具備。
建物前面には、広大な公共広場を設置。
住宅部分が約3万5,912平方メートル、
商業部分が約307平方メートル。
販売総収入約1,410億円の見込み。
三菱地所グループの事業シェアは25%。
2021年6月時点で、約59%の住戸が契約済み。
3月に着工済み、
竣工予定は2024年中ごろになっている。
以上、
商業施設もあるが、住戸だけで見た場合、1戸あたりの平均価格は2億2千万円となる。住戸面積が大きいのだろうが、いくらオーストラリアといっても超高級超高層分譲マンションのようだ。

0706_06.jpg

 

[ 2021年7月 6日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧