アイコン 韓国 中東アデン湾警護の駆逐艦乗組員80%が感染 清海部隊


韓国軍は19日、アフリカのソマリア沖アデン湾に派遣されている韓国海軍「清海部隊」の第34陣を乗せた駆逐艦「文武大王」(4400トン級)で発生した新型コロナウイルスの集団感染で、乗組員全員の検査の結果、全乗組員301人のうち80%以上の247人の感染を明らかにした。

先立って15日、簡易検査キットで5人の感染が明らかになり、乗組員全員に対してPC検査を実施したもの。

韓国政府は空軍の空中給油輸送機KC330の2機を現地に派遣し、全員を早期に帰国させる方針で、20日にも全員が帰国する。往きの輸送機には交代要員や医療スタッフを乗せ2機を派遣する。

今年2月に出発した駆逐艦の乗組員たちはワクチンを接種しておらず、多くが密閉されたいわゆる「3密」の環境で過ごしていた。特に最新駆逐艦は閉鎖構造になっており、感染が急拡大したものと見られる。

オマーンのマスカット港などに補給物資などの積み込み協力港がある。ただ、目下、中東は感染拡大地、港湾での人との接触以外に、モノに付着したウイルスにより感染することはいくらでもある。

また、韓国軍はUAEには150人あまりのアーク部隊も常駐させている。

スポンサーリンク

最初に用いた感染検査キットは精度が悪かったようだ。

中東の最前線で韓国船舶を守る清海部隊に対して、ワクチン接種がなされていなかったことが問題であろうか。

徐旭国防長官は文在寅大統領に対する忖度発言ばかり、6月には空軍のセクハラ自殺事件の隠蔽問題が発覚、そうした中で、さらに将官がセクハラ事件を新たに引き起こすなど、風紀が乱れきっているようだ。

韓国軍は立身出世欲が強く、出世する者は評価されようが、そうでない者たちには不満分子も多く、私服を肥やす動きに転じたりしている。

韓国全軍の総司令官は文在寅大統領だ。


 

[ 2021年7月19日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧