アイコン アラスカ沖でM8.2の地震、津波の恐れ 午後9時ころから到達か 要警戒 


米国地質調査所(USGS)によると、カリフォルニア時間午後11時12分/日本時間の7月29日(木)15時16分頃、米アラスカ半島沖でM8.1規模の大きな地震があった。
震源地は米国のアラスカ半島アリューシャン列島で、チグニクの南75マイルの深さ8マイルで発生、地震の規模(マグニチュード)は8.2と推定されている。
北海岸への津波はないとしている。

スポンサーリンク

太平洋津波警報センター(PTWC)によると、広域に影響を及ぼす津波発生の可能性があるという。日本への津波の有無については、気象庁が調査中。

米国国立津波警報センター(NTWC)は、周辺地域に津波警報を発表して警戒を呼びかけている。


0729_03.jpg

[ 2021年7月29日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧