アイコン 朗報・金秀グループ、次期衆院選1区~4区自民支援決定!

0915_01.jpg

国場組、大米建設がだめなら金秀グループがあるさ。

比例九州ブロック選出で、2020年1月、IR汚職事件で逮捕された男性から100万円を受け取ったことが判明し、日本維新の会から除名処分になっている下地幹郎氏が自民党復党を求め、見苦しいくらいあの手この手で足掻いている。

これまで散々、下地幹郎に煮え湯を飲まされている自民党沖縄県連(中川京貴会長)は、ミキオだけは信用ならん、下地幹郎氏の自民党復党をきっぱりと拒否、冷静に対応している。

 
 

https://n-seikei.jp/2021/06/post-76387.html

冷静に対応する自民党沖縄県連の中川京貴会長に対し、下地幹郎氏が事務所の家賃をはじめ何から何まで段取りして発足した「保守合同を実現し沖縄の未来を創る会(保守合同の会)国場幸一会長(国場組会長)」は下地氏と妥協できないなら、1区~4区まで支援できないと恫喝、衣の下の鎧を見せてきている。

もう、こうなれば街のチンピラ、コンピラと何ら変わらない。

0915_02.jpg

捨てる神あれば、拾う神ありとはよく言ったものである。国場組や大米建設が自民党を支援しないなら、オール沖縄から離脱している金秀グループが条件なしでの自民党支援に名乗り出ているとの情報というか朗報が寄せられている。

日刊セイケイ・編集長・中山洋次



 

[ 2021年9月15日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧