アイコン 迷走台風14号 17日夕方、北九州から瀬戸内海へ 最大風速25メートル

気象庁などの16日15時の予想では、前回の予想の五島列島には上陸せず、朝鮮半島南岸と九州北部沿岸の中間点あたりまで北北東へ向かい、それから東に進路を変え、壱岐島から関門海峡を通り、瀬戸内海を横断すると予想されている。
台風第14号は、現在五島市の西南西約380キロを1時間におよそ15キロの速さで北北東へ進んでいる。

台風第14号は、16日15時には、
五島市の西南西約380キロの北緯31度05分、東経125度20分にあって、1時間におよそ15キロの速さで北北東へ進んでいる。
中心の気圧は990ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は25メートル、
最大瞬間風速は35メートルで
中心の北東側390キロ以内と南西側330キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が吹いている。

スポンサーリンク
 

12時間後の17日03時には、
五島市の西約250キロの北緯32度20分、東経126度10分を中心とする半径45キロの円内に達する見込み。
中心の気圧は990ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は25メートル、
最大瞬間風速は35メートルが予想される。

24時間後の17日15時には、
壱岐市の西約70キロの北緯33度35分、東経129度00分を中心とする半径65キロの円内に達する見込み。
中心の気圧は990ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は25メートル、
最大瞬間風速は35メートルが予想される。

北部九州を通過し、周防灘⇒瀬戸内海⇒大阪⇒紀伊半島

48時間後の18日15時には、
紀伊半島志摩市付近の北緯34度10分、東経137度00分を中心とする半径110キロの円内に達する見込み。
中心の気圧は994ヘクトパスカル
最大風速は20メートル、
最大瞬間風速は30メートルが予想される。

台風はこの後、温帯低気圧に変わり、
72時間後の19日15時には、
日本の東の北緯35度25分、東経143度50分を中心とする
半径330キロの円内に達する見込み。
中心の気圧は996ヘクトパスカル
最大風速は18メートル、
最大瞬間風速は25メートルが予想される。
 なお、台風や温帯低気圧の中心が予報円に入る確率は70%です。

0916_13.jpg

[ 2021年9月16日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧