アイコン 台風14号 福岡⇒瀬戸内海⇒名古屋⇒東京の日本の大動脈進路に

14・15日と東シナ海で迷走した台風14号、16日早朝やっと動き出し、17日06時現在、五島市の西海上190キロ付近にある。
今後、五島列島北部に上陸、九州北部から瀬戸内海へ、紀伊半島を横断、東海地方南岸を通り、三宅島方面へ向かうと予想されている。
当初、勢力が弱まると予想されたが、14・15日偏西風の影響を受け停滞した台風は、東シナ海の高い海水温の蒸気を吸い上げ、勢力を維持したまま、スピードはこれまでの時速30キロ予想から、15キロとゆっくりとしてスピードで北東へ進んでいる。
ゆっくりのスピードでは長時間台風にさらされることになり、被害も大きくなる。

気象庁によると17日18時に福岡市付近としている。

スポンサーリンク
 

北緯33度30分、東経130度10分あたりが中心
半径45キロの円内に達する見込み。
進路は東へ時速30キロ
中心の気圧は990ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は25メートル、
最大瞬間風速は35メートルが予想される。

24時間後の18日6時には徳島市の南西約30キロの付近に至る
北緯33度55分、東経134度25分あたりが中心
半径65キロの円内に達する見込み。
進路は東へ時速35キロ
中心の気圧は996ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は20メートル、
最大瞬間風速は30メートルが予想される。

気象協会の予想では、現在のところ三宅島あたりには19日午後1時ころ到達すると見られている。

変則台風14号であり、進路予想はこれまで2転3転しており、今後とも進路は変わるおそれがある。

0917_01.jpg

0917_02.jpg

[ 2021年9月17日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧