アイコン 韓国に見るブレイクスルー感染者の上昇


韓国では、ワクチンを打ったのにもかかわらず新型コロナウイルス感染症にかかる「ブレイクスルー感染」が急増している。
最近の新規感染者の20%以上がブレイクスルー感染者となっている。
特に70代以上はブレイクスルー感染に相対的に弱く、新規感染者のうちブレイクスルー感染者の割合が70%を超えることが分かった。
 韓国の防疫当局によると、9月19日から25日までの感染者1万3280人のうち、20.8%に当たる2768人がワクチン接種完了者(2回目接種後2週間以上経過)だった。
全感染者のうちブレイクスルー感染した人の割合は、
8月第4週(22~28日)の6.7%から
9月は8.6%→11.8%→17.1%→20.8%と週ごとに上昇している。

同期間の国内接種完了率が28.4%から45.2%へと約1.6倍増えたことを考えると、ブレイクスルー感染率の増加ペースの方がはるかに速いことになる。
ブレイクスルー感染者数は
6月は116人
7月は1,180人、
8月は2,764人、
9月は6,471人
と急増している。
ワクチン接種率が上がると共に、中秋節連休の9月20~22日)以降は、感染者が毎日2,000人台に達し、ブレイクスルー感染も合わせて増加している。
以上、

スポンサーリンク
 

接種完了でも、接種後2週間経過しなければ規定の有効率は確保されない。
元々ワクチンには有効率があり、既存株でファイザーやモデルナでは94%前後、デルタ変異株ではファイザー製は88%前後まで落ちる報告されている。
韓国の場合、アストラゼネカ製ワクチンも大量に接種しており、その有効率は70%前後とされ、デルタ株では67%前後と報告されている。
1000万人が接種完了した場合、
ファイザーで120万人に感染リスクがあり、
アストラゼネカ製では330万人に感染リスクがあることになる。
それに加え、有効期間の問題があり、ファイザー社は、半年後に追加接種(ブースターショット)を呼びかけている。
モデルナ社も追加接種を呼びかけているが、半年後のファイザー製は有効率が48%、モデルナ製は76%だったと米ミネソタ州のメイヨー・クリニックが発表している。
ただ、こうしたことが判明するのも、10年かかるワクチン開発を8ヶ月で開発し、各国が緊急承認したことからすべてが後追いとなっている。


スクロール→

ワクチンの有効率

英OX大発表分

 

接種完了

2ヶ月後

3ヶ月後

半年後

ファイザー

90

85

78

 

AZ

67

65

61

 

米メイヨー・クリニック発表分

ファイザー

 

89

 

42

モデルナ

 

91

 

76

各メーカーから報告されるべきものが、各国の研究機関からバラバラに報告され、実際がどうなのかもわからないのが実態。

中国製ワクチンは国によって有効率が大幅に異なり、人種間の問題など複雑に関係する可能性もある。


韓国の場合、高齢者へは当初、アストラゼネカ製を接種しており、元々接種完了した人の1/3に感染リスクがあり、ブレークスルーかもしれないが、そうした人たちが感染しているものと見られる。なお、10月7日の感染者数は6日の2028人から増加し2427人台となっている。


スクロール→

韓国のワクチン接種状況 10月7日

人口

51,370,000

韓国当局発表値

1回以上接種

39,787,211

 人口比

77.6%

接種完了者数

27,996,194

 人口比

55.5%

接種ワクチン種

 

1回目

2回目

2回目比率

AZ製

11,094,379

10,559,412

37.0%

ファイザー製

21,227,713

14,121,343

49.5%

モデルナ製

6,048,288

2,371,999

8.3%

J&Jヤンセン

1,453,601

1,453,601

5.1%

39,823,981

28,506,355

 

 

[ 2021年10月 7日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧