アイコン シンガポールで盗撮 軍将校逮捕 22週間の実刑判決


シンガポールの日刊紙ストレーツ・タイムズによると、現地の裁判所は今月4日にシンガポールの永住権を持つ韓国軍将校のキム(28)に対し、窃視行為などの容疑で懲役22週間の実刑判決が言い渡された。
 キムは今年2月23日、超小型のカメラを購入してこれを女子トイレに設置した容疑で逮捕された。検察は「キムはカメラがちゃんと隠され、発見されないように注意を払った」「カメラの録画機能を作動させ、トイレから出てきた」などと指摘した。

このトイレを使用した被害者の女性(23)がキムの設置したカメラを発見し、メモリーカードを取り外して中を確認したところ、自らを含む3人の女性がトイレを利用する様子、さらにキムがカメラを操作する様子などが撮影されていたという。 警察は女性の通報を受け捜査を開始した。

警察によると、キムが所有するノートパソコンからはインターネットを通じてダウンロードした178の動画やスカートの中を撮影した31の違法映像が発見された。

キムは犯行を認め「淫乱アダルトサイトで同じような動画を見たことをきっかけに、2013年から公共の場所で携帯電話のカメラ機能で女性のスカートの中の映像を撮り始めた」「撮影した動画はノートパソコンに保存して何度も見ていた」と供述したという。

シンガポールで育ったキムは2018年6月にシンガポールで開催された米朝首脳会談の際、韓国警察庁で通訳として勤務していた。
以上、朝鮮日報参照

スポンサーリンク
 

もはや、・・人の多くが流行病のように冒されているようだ。・・国の#MeToo運動の最後の集会デモでの「宣言」は、「『男たちよ』トイレで盗撮するな!」であった。
・・国の#MeToo運動は大統領が乗り出したことからすぐ終息した。裏取引でもあったのだろう。
それにしてもシンガポールでは検挙から判決までの期間が異常に短い。日本とはウサギと亀さんほどの違いがあるようだ。日本では手続きだけでも長期間を要し、その無駄な時間にも大金がかかっている。
シンガポールでは軽犯罪処罰法により、裁判手続きなしに、警察や検察で刑が執行できる体制になっているのだろう。

国際的な人権団体「ヒューマンライツウォッチ(HRW)」は今年7月、韓国が全世界で唯一「盗撮映像が売買されるデジタル市場が形成されている国」と指摘、「私の人生はあなたのポルノではない」というタイトルの90ページの報告書を作成し、発表していた。

犬食をそろそろ止めるべき時ではないだろうかと若い人たちの人気取りのためかいきなり言い出した大統領、しかし、「朝鮮の食文化をないがしろにするものだ」と金正恩先生のお叱りの言葉が発せられ、発言翌日にはミサイルが発射されたという報道もなされていた。
犬食より、盗撮に対して初犯でも厳罰で臨めば盗撮は激減するだろう。

しかし、政権与党の重鎮たちがセクハラで立件され最高裁で犯罪が確定したり、自殺したり・・・、時限立法であれ、性犯罪に対する法制度の抜本的な見直しや強化策はなされていない。200年前のままの男尊女卑の儒教の国だからだろうか。

そんなこんなで結婚願望の女性が激減、特殊出生率は0.8まで落ちている。少子高齢化の日本でも1.3ある。2で国の人口維持、1点台では人口が減少する。0コンマ台だったら20年後には急速に少子高齢化が進み手がつけられない状態に突入する。

その対策のためにも初犯の盗撮や性犯罪に対し厳罰が必要ではないだろうか。

刑法は儒学者荀子の性悪説「人の性は悪なり、その善なるものは偽(ぎ)なり」に基づき構成されている。

荀子は、人間の本性は欲望的な存在にすぎないが、後天的努力(すなわち学問を修めること)により公共善を知り、(人間の本性は根本的に変えられないとしても)礼儀を正すことができるとして、(性善説同様に)教育の重要性を説いた。

礼儀を正すことができない人に対しては教育を何度でも教育し、その教育こそが刑罰であろうか。

[ 2021年10月12日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧