アイコン 谷村隆三(星野組常務)・根〆慎吾(西海建設副社長)の反乱(長崎県建設業協会)


谷村

谷川弥一の肝いりで誕生した長崎建設業協会・会長の谷村隆三(星野組常務)とその参謀を自称する副会長の根〆慎吾(西海建設副社長)は谷川弥一と金子原二郎に媚び、阿て、現職知事の中村法道氏を支持しないことを表明している。

https://n-seikei.jp/2020/06/post-67753.html
https://n-seikei.jp/2020/06/post-67865.html
https://n-seikei.jp/2012/08/post-10442.html

令和2年6月9日、長崎建設業協会の総会で参加者の多くが御飾りの会長である谷村隆三のお別れの偲ぶ会かと思っていたところ、西海建設の副社長、根〆慎吾が唐突に谷村の会長留任と2年間の続投を提案、総会は紛糾し、一旦は流会とはなったが、その後、根〆の根回しが効き、根〆の思惑通り、谷川弥一が推す谷村の会長留任が決定している。

スポンサーリンク
 
 

谷川

建設協会に谷村を後ろで操る寝業師がいることは公然の秘密だったが、それが西海建設の副社長・根〆慎吾だった。

 

 

根〆が谷村の会長留任と2年間の続投を提案したその思惑があまりにも腹黒い。
根〆は2年後には西海建設を定年退職することが既定路線になっていた。
そこで、根〆は会長への就任が予想されていた上滝建設の上滝満外しを画策、新会長に就任予定だった上滝外しを、取り巻の理事を使い、あの手、この手で見事に上滝追い落としに成功している。
その根〆慎吾と谷村隆三が今回の知事選でもドクター谷川弥一と結託し、現職の中村知事追い落としに奔走している。
おい、根〆慎吾、谷村隆三、その汚い首を洗って待ってな!
理不尽に売られた喧嘩なら人の喧嘩でも買うのがワシの流儀である。

インターネット長崎奉行・遠山金四郎こと中山洋次

[ 2022年1月14日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧