アイコン 「中村以外なら鶏の糞(トリンクソ)でもよか!」by谷川弥一


 


昭和33年2月の知事選で県議会議長として知事選に出馬し、西岡竹次郎知事の副知事として西岡県政を支えてきた佐藤勝也氏と知事選を戦い約6万票差で敗れたのが金子岩三氏である。

その金子岩三氏は昭和45年の2月の知事選で4期目を目指していた佐藤勝也知事に対し、「佐藤以外なら馬の糞(ウマンクソ)でもよか!」と言って、担いだウマンクソが、五島市三井楽町出身で当時は参議院議員だったクボカンこと久保勘一氏だった。

50年後の令和4年、谷川弥一と金子岩三氏の息子である金子原二郎が「中村以外なら鶏の糞(トリンクソ)でもよか!」と、うそぶき担いで来たのが令和のトリンクソ、五島市富江町出身で元養鶏場経営の正真正銘のドリンクソ、大石賢吾氏である。

スポンサーリンク
 
 

いくら五島出身とはいえ、あの時の久保勘一氏は県議、参議員と十分過ぎる経験と実績があったし、人物としても申し分ない大物政治家だった。

それに比べて同じトリンクソでも大石氏は医者としての経験も浅いばかりか、大事な政治家としての経験はゼロであり、担いでいる勢力が谷菌族だから喜劇であり、悲劇である。

また、あの時の佐藤勝也氏が南島原市出身、中村法道知事もまた南島原市出身であることに目に見えない系譜を感じさせる。

これは良識と非常識の因縁の戦いなのである。

50年間続いてきた非常識で理不尽な金子・谷川的長崎県政に引導を渡すことこそが、無念の思いで県庁を去って行った良識派の佐藤勝也氏への供養でもあり、

長崎県が再生するためには、いつかは乗り越えなければならなかった中村法道知事の宿命とも言える戦いなのである。

インタネット長崎奉行・遠山金四郎こと中山洋次

印刷

[ 2022年1月14日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧