アイコン スイス 完全自動運転バス本格導入 日本はいつになることやら

 

 

スイス北部の小さな町シャフハウゼンで、完全自動運転の電気バスが世界で初めて本格導入され、通常の路線バスとして運行されている。

一方、日本は研究開発している企業が多すぎ、どんぐりの背比べ状態。実験運転を続けている開発案件もあるようだが、定期運行されているわけでも、営業運転されているわけでもない。国の産総研あたりが英知を集め、開発すべきではないのだろうか。
同じ研究開発なのに、あちこちに国は補助金をばら撒き、開発力を分散・拡散させすぎ、そしてその後はほったらかしにしている。
  石橋たたいても渡らぬ日本 いつになることやら。
 

スポンサード リンク

0703_10.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年7月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ