アイコン 前評判の高いスズキ ジムニー販売開始 究極の箱型

 

 

スズキは、本格的な四輪駆動車の機能と走破性を高めた軽四輪駆動車 新型「ジムニー」および、新開発 1.5Lエンジンを搭載した小型四輪駆動車 新型「ジムニーシエラ」を、20 年ぶりに全面改良して7月5日より発売開始した。

「ジムニー」は、1970 年に、軽自動車で唯一の四輪駆動車(当時)として発売して以来、悪路走破性とコンパクトな車体による取り回しの良さにより、様々な作業現場や山間部、積雪地の重要な交通手段として活躍してきた。
同時に、本格的な四輪駆動の性能と親しみやすさからレジャーを目的とした需要も開拓し、国内でのコンパクト4WDの市場を築き上げた。
「ジムニーシエラ」は、1977年に発売された 0.8Lの「ジムニー8」を原点とする小型車。
軽自動車のジムニーをベースに小型車用エンジンを搭載し、海外市場においても小型で本格的な四輪駆動車として活躍し続けてきた。

「ジムニー」シリーズは、全世界194の国・地域で、日々の生活からレジャー用途まで幅広く活躍し、世界累計 285万台を販売したスズキを代表する車種であるとともに、日本が世界に誇る唯一無二のコンパクト4WDである。

スポンサード リンク

新型「ジムニー」、新型「ジムニーシエラ」は、半世紀に及ぶジムニーならではのこだわりと技術を継承しつつ、ジムニーに求められる本格的な四輪駆動車としての性能をさらに進化させた。
「新開発ラダーフレーム」に、「FRレイアウト」、「副変速機付パートタイム4WD」、「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」というジムニー伝統の車体構成を継承。

「ブレーキLSDトラクションコントロール」を全車に標準装備し、高い走破性能を実現した。
 新型「ジムニー」には専用にチューニングした「R06A型ターボエンジン」、新型「ジムニーシエラ」には 1.5Lの新開発「K15B型エンジン」を搭載し、動力性能と信頼性を高めた。
機能を追求した内外装デザインに、取り回ししやすいボディーサイズ。
見切りの良さ、荷室空間の広さや使いやすさを進化させ、様々なニーズに応える使い勝手を追求した。
 また、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を搭載するなど安全装備を充実。経産省や国交省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当する。

価格は、
軽ジムニーが1,458,000円~1,841,400円
ジムニーシエラ(1.5L)が1,760,400円~2,019,600円

ジムニー

スポンサード リンク
[ 2018年7月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ