アイコン 西鉄 ベトナム・ホーチミン市近郊で3000戸の分譲住宅開発

 

 

西日本鉄道(西鉄)は7月18日、ベトナム・ロンアン省・ベンルックにおいて、ベトナム南部の大手住宅デベロッパーであるナムロン インベストメント コーポレーション(ホーチミン市=旧サイゴン市)との共同分譲住宅事業「WATERPOINT (ウォーターポイント)プロジェクト」に着手すると発表した。

総事業費は約316億円で、総区画数3000戸超を全4期に分けて開発し、2023年を目処に全区画の引渡し完了をめざす。

ロンアン省は、ホーチミン市から車で約45分の距離に位置する人口約150万人の都市。高速道建設や人の流動や近郊の工場開設に伴う雇用の増加等により、経済活動が活発である将来有望なマーケットとみられている。
ホーチミン市への勤務者や近隣で働く人々などを中心に、多くの住宅需要が見込まれ、住宅開発が進んできているエリアでもある。「WATERPOINT (ウォーターポイント)プロジェクト」は、3000区画超の戸建住宅を中心に、約165haにわたる大規模住宅開発。

スポンサード リンク

同プロジェクトの敷地内には、学校や病院、バス停などの共用施設の他、スーパーマーケットなど暮らしを支えるための商業施設も配置される予定で、利便性の高い住環境を提供する。

また、同エリアからホーチミン市内に向けた高速バスを通勤・通学の時間帯は約5~15分間隔で運行する計画であり、西鉄がこれまで培ってきたバス事業のノウハウを十分に発揮し、公共交通と一体となったまちづくりを行う予定になっている。
第1期は2019年から着工し、550区画を販売する予定。

西鉄では今後も、ベトナムや近隣のASEAN諸国において更なる開発を推進していく計画だという。
以上、

福岡を代表するデベロッパーである私鉄の西鉄、ベトナムで大規模不動産開発に当たる。一方、旧国鉄のJR九州は、大阪の帝人本社跡地を100億円で取得し、37階建ての超高層分譲マンションの開発を単独事業として開発に当たっている。
鉄道会社はまるで不動産会社のようだ。
最近のJR九州はハゲタカ不動産会社らしく、九州の各鉄道路線を、関係自治体との事前協議一切なくして、突然、大幅減便するなど米トランプのように切れまくっている。JR九州の院政者は安倍首相の諮問機関の委員を務め、その言動でハゲタカぶりを遺憾なく発揮している。


↓「WATERPOINTプロジェクト」のイメージ図

0719_04.jpg
 

スポンサード リンク
[ 2018年7月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ