アイコン 9人が乗った防災ヘリ「はるな」連絡取れず 鳥居峠上空飛行 群馬-長野境

 

 

群馬県の9人が乗った防災ヘリコプター「はるな」が10日午前、長野県との境にある登山道の視察に向かったあと連絡が取れなくなり、現在、警察や消防が詳しい状況の確認を進めている。

防災ヘリ「はるな」は、長野県との境付近に整備された登山道の視察に向かったあと、連絡が取れなくなったという。

「はるな」は10日午前9時すぎに前橋市内のヘリポートを飛び立ち、長野県との境にある鳥居峠や大高山の上空を飛行して、午前11時前にはヘリポートに戻る予定だったが、午前10時すぎの交信を最後に通信が途絶えているという。

また、県によると乗っていた9人はいずれも男性で、このうち4人は県の防災航空隊の所属で、ほかの5人は消防隊員だという。

現在、警察や消防が現地に向かうなどして詳しい状況の確認を進めている。

防災ヘリ「はるな」は「ベル412」型ヘリコプター。

スポンサード リンク

全長は17.1メートル、

胴体の幅は2.8メートル、

ローターの長さは14メートル、

定員は15人。

航続距離は783キロメートル、

最高巡航速度は毎時243キロメートル

21年前の平成9年に導入され、これまでの飛行時間は7000時間を超えているという。

昨年度は、登山客の救助や重い病気の患者の搬送、それに消火活動などで計403回飛行したという。

・・・

無事でありますように。

0810_04.jpg

0810_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年8月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ