アイコン 韓国海軍3千トン級潜水艦1番艦進水へ 弾道ミサイル6門設置

 

 

韓国海軍の3000トン級潜水艦1番艦の進水式が9月、政府が経営破たん状態で支援する造船大手・大宇造船海洋の巨済造船所で行われる。
2020~23年の第1期に実戦配備される3000トン級潜水艦3隻には弾道ミサイルを発射できる垂直発射管6門が設置され、弾道ミサイル玄武2B(射程500キロ以上)が搭載される。
1番艦は試運転などを経て、20年末に海軍に引き渡される。
2025年以降の第2期に実戦配備される3000トン級潜水艦3隻には、弾道ミサイルを発射できる垂直発射管10門が設置される。
以上、

スポンサード リンク

韓国はインドネシアへも1400トンクラスの潜水艦3隻を輸出している。日本も輸出したいだろうが、護送船団方式の日の丸軍需企業、価格が高くてどこの国も買ってくれない。
潜水艦の弾道ミサイルは、どこの国を仮想敵国に配備するのだろうか。韓国は、竹島では日本を仮想敵国に年2回、大規模演習を行っているのだが・・・。多血民族ゆえにこわっ。

0821_11.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年8月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ