アイコン サイトチケット販売は自動プログラム「ボット」で9割買占め コンサートチケット高額転売

 

 

コンサートなどのチケットの大手販売サイトでは、注文しようとする通信の9割が「ボット」と呼ばれる自動プログラムによるものだったことがわかった。
チケット転売が問題となっている中、何者かがチケットを買い占めようと「ボット」を操っているとみて警戒を強めている。
チケット販売サイト大手のイープラスは、アメリカの大手IT企業、アカマイ・テクノロジーズと協力して、今年5月に発売されたコンサートのチケットの注文の記録などを分析した。
その結果、発売が開始された午前10時から30分間に寄せられた50万件のアクセスのうち、人手では不可能なスピードで大量の注文が送られていたり、サイト上でマウスが極めて規則的に動いていたりするなど、「ボット」と呼ばれる自動プログラムによるアクセスが45万件と全体の9割を占めていたことが判明した。

スポンサード リンク

チケットのネット販売をめぐっては、何者かが「ボット」を使って買い占めるケースが続出しているほか、高額での転売も問題となっている。
このため、イープラスでは、読みにくい文字を表示して客に入力させるなど人間でないと注文できないよう対策をとっていましたが、最近は「ボット」の性能が上がり、こうした対策を突破できるようになってきているため、不自然な注文を遮断する新たな対策を導入したという。
イープラス関係者は「チケットを買いたい客のほか、イベントの主催者も被害を被っているため、早急に対策を進めたい」と話している。

アカマイ・テクノロジーズの関係者は「新たな対策をとるとボットが突破するという、いたちごっこの状況だ。換金性の高いものを狙ってより高度な技術が使われるようになっており、警戒が必要だ」としている。

 

スポンサード リンク
[ 2018年8月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ