アイコン 米中貿易戦争の余波 三菱電機 工作機械を中国から日本へ生産移管

 

 

三菱電機は米中貿易摩擦に対応するため、米国向けの工作機械の生産を中国から日本に移管した。

金型製造などに使う放電加工機と金属板を切断するレーザー加工機で、両品目とも米政府が7月6日に発動した25%の制裁の追加関税の対象となった。いずれも中国生産機の比率が高く、米国での競争力を保つには日本で生産し輸出するしかない。

スポンサード リンク

中国で生産し日本へ輸出し、日本から米国へ輸出した場合、米国は迂回輸出も監視しており、個別に企業制裁されるおそれもあり、できない相談。

スポンサード リンク
[ 2018年8月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ