アイコン 東京の不動産業ハイパイン高松社長を逮捕 消費税法違反

 

 

東京地検特捜部は、東京の不動産仲介業者の「ハイパイン」(東京都中央区)の社長・高松正純容疑者(49)を、不動産の仲介料などを個人の口座に振り込ませたうえで、税務申告を一昨年までの3年間行わず、消費税約3700万円を脱税したとして逮捕した。

社長の認否を明らかにされていない。

社長は、仲介料などを会社ではなく個人の口座に振り込ませる手口で売り上げを隠していた疑いがあるということで、特捜部は資金の流れなどの解明を進めるものとみられる。

以上、

スポンサード リンク

消費税を申告していないということは、所得税も申告していないということであり、法人・個人の所得税についても嫌疑される。この間の捜査で修正申告して支払った可能性もあるが・・・。

 それにしても特捜が動いており、何か別件もありそうだ。

スポンサード リンク
[ 2018年9月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ