アイコン 身勝手な主張 大高麗展に日本から名品が来ないと嘆き 対馬仏像展示へ?

 

 

高麗建国1100周年を迎えて今年12月に開催される予定の「大高麗展」が、対馬仏像拉致事件の直撃を受けていると朝鮮日報が報じた。
韓国の国立中央博物館は、開放的かつ独創的な文化を築いた高麗の総体的な面を見せるため、世界各国に散らばっている高麗時代の名品を集めているという。

しかし、多くの名品が日本にあるため、日本側の協力が緊要。しかし、一部の寺や私立博物館は窓口すら閉ざし、国立・市立博物館も「日本の重要文化財に指定されている最上級の名品は貸せない」と難色を示しているという。

日本では、国が指定した国宝や重要文化財を海外に持ち出す場合、政府の許可を受けなければならない。最上級の文化財である高麗青磁や経典、螺鈿(らでん)漆器数点が日本の重要文化財に指定されている。政府が許可しなければ、高麗展に出品もできない。対馬から盗まれた仏像を返さないために必要な交流まで足を引っ張られていると嘆く。
高麗漆器は、日本の重要文化財である前に高麗の遺産であり、子孫である韓国人たちには鑑賞する権利があるという(本当にそうであろうか。韓国の人が見たければ、日本の所蔵地に足を運べば何も問題なく見られる。主張するだけでは誰も聞き入れない)。
以上、朝鮮日報参考

スポンサード リンク

「器が小さい日本の文化庁」という表題で、いろいろな比喩だらけで掲載している。

日本が高麗時代の名品を韓国側に協力して展示した場合、また、わけのわからない李王朝時代に廃寺になり、その後再興された寺の坊主が現れ、自寺のものだと主張し、北朝鮮同様、対馬の仏像同様、拉致しない保証がどこにあるというのだろうか。

わけのわからない者たちが世論に訴えかけ、韓国のモノだと正当化した場合、韓国政府がそれを否定できる要素は少ない。韓国のモノだと主張する者たちはロウソク民心たちにほかならないからだ。

<145年間にわたり仏教を大弾圧した韓国の歴史>
高麗時代の仏教モノは、李王朝時代にそのほとんどが儒教の両班たちにより、寺が破壊され、強奪され、売り飛ばされたのが現実だ。人口が少ない大昔、1万寺もあったという朝鮮半島、それが18寺まで減少させられ、そのほかはすべて破壊され、略奪され、釜山近くにあった日本人居留地の日本人の商人たちに売り飛ばされたのが現実だ。

高句麗時代は国家統治に仏教を利用したが、1392年から始まる李王朝時代、特に3代目の太宗(李芳遠)の時代(1400~1418年)になると国家統治を儒教に完全に切り替え、徹底して仏教を廃絶した。
3代目の太宗7年の弾圧の際、存続できた88寺院
4代目の世宗6年の弾圧の際、存続できた36寺院

成宗(在位1469年 - 1494年)・暴君・燕山君(在位1494年 - 1506年)・中宗(在位1506年 - 1544年)の時代、仏教はさらに壊滅的打撃を受けた。
9代目の成宗は1492年、僧侶の度牒制度と出家を禁止した。
10代目の燕山君は2宗派の本山である興天寺(禅宗の本山)と興徳寺(教宗の本山)を1504年に廃寺にし、そのほかの寺院も遊興施設にかえた。
11代目の中宗は1507年に科挙の僧科を廃止し、また仏像を破壊させた。

当然ながら仏像の高麗時代の所有者である瑞山市の浮石寺は何世紀にも渡り廃寺になっていた。韓国の李王朝が記し続けた歴史を、韓国人自らが否定するならば、その限りではない。

韓国仏教は、1400年の太宗時代から11代目で中宋1506年~1544年)までの1世紀半にわたって大弾圧を受け、破壊され、放火され、略奪され、寺に所蔵していたほとんどの仏像・経典・名品・遺品が焼失・略奪により散逸してしまった。
そのため、高麗時代の名品はほとんど韓国にはないのが実状である。
寺破壊の中心は儒教を国教とした両班たちであり、両班たちの一部は略奪し、仏教国の居留地の日本人たちに売り捌いていたとされる。当然、盗賊たちも破壊しており、略奪した物品が居留地の日本人たちに売られたと見られる。

租界(日本人居留地)は1407年に釜山近くの豆毛浦に開設され、秀吉の朝鮮出兵などで一時閉鎖されたが、江戸時代には対馬藩の役人が常駐して自治が認められていた。1678年に豆毛浦から草梁へ移され、面積約11万坪(長崎の出島の25倍)に拡張して、常時500~600人の日本人が居住し、明治時代も続いていた。そうしたことから、対馬に多くの朝鮮仏像などが入っている。

そうした歴史を顧みず、国際法さえ無視して対馬仏像を拉致し続ける根拠は韓国人のどこにあるのか、反日ロウソク民心たちにすべての責任があるといえるのではないか、ましてやロウソク民心により大統領になった文大統領がロウソク民心たちに逆らうことができるだろうか。それはNOだろう。その証拠に就任して1年と3ヶ月、一切拉致した対馬仏像に言及したことも対応しようともない。

ロウソク民心たちの大集団が、博物館で日本から展示用に貸し出された名品をまとめて拉致した場合、日本へ帰ってこない可能性が高いのではないだろうか。

故に、むかし昔、朝鮮から日本に渡ってきた高句麗時代の遺物はいかなるモノでも、今時の韓国へ、展示用だろうと、北朝鮮同様拉致されるおそれがあり、提供することはできない相談なのだ。その原因はすべて韓国人たちの民心にあるといえよう。
器が小さい問題ではない、現実を直視せよと朝鮮日報の記者に言いたい。

大高麗展で、拉致したままの「対馬の仏像」を展示したらいかがだろうか。
当然、「日本から2012年に韓国の盗賊たちが日本の対馬から盗み出し、韓国政府が拉致したままになっている仏像です」と添え書きが必要だ。観客には最高に注目されるはずだ。

高麗時代の韓国歴史ドラマ「武神」、大蔵経の話が出てくるが、対馬の多久頭魂神社所蔵の大蔵経も盗人たちは盗んでいる。韓国の盗人たちが捨てたという対馬の一帯を何回も市民たちが探したが見つからなかった。実際は、既に韓国で売り捌いた可能性もある。犯罪者たちを犯罪人引渡し条約に基づき、日本で取り調べさせるべきではないのか。
(イトマンを潰した在日韓国人の許永中を日本の民主党野田政権は韓国政府から要求があったとして、犯罪人引渡し条約に基づき、おろかにも引渡していた。)

もうそろそろ盗賊5人もシャバに出るころだろう。日本の入管はブラックリストに載せ、もしも日本に入国した場合、即拘束し、日本の法律により罰すべきだ。そして、大蔵経についても徹底的に取り調べるべきではないだろうか。
以上、
対馬仏像返せ。
 

スポンサード リンク
[ 2018年9月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ