アイコン 韓国も生産人口低下時代に

 

 

韓国統計庁が27日発表した生産年齢人口は、2017年、同国史上初めて減少に転じた。
年次調査によると、15~64歳の年齢層を対象とする生産年齢人口は2017年、前年に比べ11万6千人少ない3620万人だった。減少したのは今回が初めてだという。
総人口は0.3%増の5140万人で、うち65歳以上の割合は14.2%の740万人だった。

出産育児に伴う費用への懸念と、女性のキャリア重視を背景に、晩婚化と高齢出産化が進む韓国は、出生率が世界で最も低い国の一つ。
今月発表された昨年の出生数は▲12.0%減の35万7771人で、過去最少だった。
人口を安定的に維持するためには、1人の女性が生涯に出産する子どもの数を示す合計特殊出生率が2.1以上になることが必要だが、これも史上最低の1.05に下がっている。
以上、

スポンサード リンク

韓国でも既に少子化は進んでおり、今後、少子化に伴い教育施設・塾・教科書・ユニホームなどの関連産業の衰退が始まる。

<日本は>
ちなみに日本の2018年8月推定の高齢者数は、総人口1億2649万3千人、65歳以上は27.9%(平成19年は21.5%)の3533万人であり、高齢社会先進大国?、出生率の低下により生死のバランスが崩れ、長寿時代にもかかわらず死が生より多く、平成20年から人口の減少を見ている。今後も高齢化率は増加し続け、2060年には総人口が8674万人まで減少するなか、その4割が高齢者と推定されている。
現在でも高齢者率は韓国の倍の比率だ。

韓国では、容姿で女性採用や司法に男尊女卑の風潮が根強く、女性たちはそれに抗議して嫌男の#MeToo・WOMAD運動が広がりを見せている。さらに出生率の低下を見る可能性がある。
 

スポンサード リンク
[ 2018年8月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ