アイコン イスラエルへ300発のロケット弾 アイアンドームで70発撃墜

 

 

パレスチナ自治区ガザを支配するイスラム主義組織ハマスは12日、イスラエル軍に軍事部門幹部らを殺害された報復として、イスラエルに対しロケット弾を多数発射したと発表した。
これに対し、イスラエル軍はガザを空爆し、パレスチナ人3人が死亡した。
AP通信によると、2014年のイスラエル軍によるガザ侵攻以来、最大規模となる攻撃の応酬で、緊張が高まっている。
イスラエル軍によると、ガザから12日発射されたロケット弾は300発を超える。このうち70発以上が迎撃されたが、一部はバスや民家に着弾し、少なくとも10人が負傷した。
これに対するイスラエル軍の空爆の標的は、ハマスや武装組織「イスラム聖戦」の軍事関連施設を含む70ヶ所以上に及び、ハマス系のテレビ局も破壊された。
以上、

スポンサード リンク

屈強なイスラエルのミサイル防衛網、それを大飛揚するのがアイアンドーム、しかし、単発のミサイルならば撃墜できようが、今回の300発も同時進行したロケット弾攻撃では対応できないことを証明したようなもの。

 1セット3000億円のイージスアショアも同じこと。極超音速弾道ミサイルや複数の多弾頭ミサイル攻撃には対応できず、設置していること自体の抑止力効果の価格に近い。

 敵対した狂気の沙汰の国家がある限り、防衛能力を高める必要もあろうか。
 大容量蓄電池技術が進化すれば、大型の原子力衛星を飛ばせば、宇宙からレーザーにより、何十・何百のミサイルを同時に撃墜できる時代が来る可能性が高い。ただ、そうした衛星を狙うキラー衛星もすでに地球を周回している。

トランプがゲームだというのもよく理解できるようになって来た。ゲームだから、ゲーマー自ら興奮し、相手も興奮させる必要がある。
ゲーマートランプはゲームと人が生きる現実社会を融合させた為政者だろうか。ゲームの基盤の下に多くの市民が日常生活を送っている。

スポンサード リンク
[ 2018年11月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ