アイコン 谷川衆議代表の支部 谷川建設から1180万円の寄付 県補助金1.7億円で返金

 

 

長崎3区の谷川弥一衆院議員が代表を務める自民党長崎県第三選挙区支部が、長崎県の補助金の交付決定を受けて1年以内の谷川建設(長崎市/代表:谷川喜一氏)から計1180万円の寄付を受けていたことが13日、わかった。
政治資金規正法が禁じる寄付にあたり、外部からの指摘を受けて10日に全額を返したという。

谷川建設は2014年3月11日、製材工場への設備投資を目的とする長崎県の補助金1億7千万円の交付決定を受けた。
だが、その後の1年間、谷川建設は計13回にわたって自民党長崎県第三選挙区支部に1180万円を寄付していた。谷川建設は谷川氏のご子息が社長を務めている。

スポンサード リンク

支部の担当者は、「谷川建設が交付金を受けていたことを知らなかった。勉強不足だった」と話した。
政治資金規正法は、県から補助金の交付決定を受けた企業や団体は1年間、県知事や県議を推薦、支持する政治団体に寄付をすることを禁じている。
以上、報道参照

 

スポンサード リンク
[ 2018年12月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ