アイコン 東証、全面安19400円台 NYダウ暴落、原油42ドル台 円高進行に警戒感広がる

 

 

25日午前10時05分すぎの日経平均株価は、前日比▲814円程度安い1万9350円前後で推移している。

午前9時14分には、同▲839円36銭安の1万9326円83銭を付ける場面もみられるなど、全面安商状となっている。

対ドル円も10時06分現在110.15円と円高が進んでいる。

WTI原油価格もNYダウに引きずられ09時45分現在42.68ドルで取引されている。

いずれも日本時間、時間外取引あり。

スポンサード リンク

NY証券市場は、原油安の引き金になっている米中貿易戦争の激化下、米国の消費や賃金が堅調に推移していることからFRBが金利を上げ、下げた。

さらに、首切り魔のトランプの不安定さ、壁強引殺法での一部政府機関閉鎖により、トランプにはもう付いていけんと下げているもの。

1月から民主党下院が始まり、トランプの強引殺法の刃はさらに鋭くなるが、景気にプラスになることはない。証券市場を回復させるためにトランプに残されたものは、米中貿易戦争の終焉だけだろうか。再度の大幅減税は下院民主党によりできない。

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年12月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ