アイコン 中学生に広がる大麻 函館中2が大麻購入に路上強盗 16歳が売ったか逮捕

 

 

北海道警・函館中央署は26日、函館市内の中学2年の少年(14)に大麻を譲り渡したとして、大麻取締法違反(譲渡)の疑いで、同市内の無職少年(16)を逮捕した。
中2少年は直前に路上強盗事件を起こした疑いで逮捕、検察官送致(逆送)されており、同署は二つの事件の関連を調べている。

 無職少年の逮捕容疑は2月19日午後6時20分ごろ、自宅で大麻約0.5グラムを知人の中2少年に譲り渡した疑い。無職少年は容疑を否認している。
 中2少年は同日午後5時50分ごろ、同市内の路上で保育士女性(28)にナイフを突きつけ、現金1万円を奪ったとして、強盗の疑いで逮捕、家裁送致後に逆送されていた。同署が中2少年の自宅を捜索したところ、アルミホイルに包まれた大麻が見つかり、今回の事件が発覚。中2少年は3月4日、大麻取締法違反(所持)の疑いで追送検された。同署によると、中2少年は大麻購入を目的に強盗をしたとの趣旨の供述をしているという。

スポンサード リンク

<京都では>
京都府警少年課と伏見署が25日までに、自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで、京都市内の中学3年の女子生徒(15)を逮捕した。
生徒は「インターネットを通じて大麻を購入した」との趣旨の供述をしているといい、府警が入手経路の特定を進めている。
女子生徒が合成麻薬MDMAも所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで追送検した。
女子生徒は3月上旬、市内の自宅で突然、錯乱状態に陥り、暴れ出すなどしたことから、家族が119番し、救急搬送された。
その後の尿検査で大麻の陽性反応があり、室内から乾燥大麻が見つかったことから、今月7日に逮捕した。
 女子生徒は「ネットで見知らぬ人から買った。今年1月ごろに吸い始めた」などと供述しているという。

若年層の大麻所持を巡っては、京都市内の中学3年の男子生徒(当時15)が、昨年10月、大麻取締法違反(所持)の疑いで府警に逮捕されている。
以上、北海道新聞、京都新聞参照

先生たちや生徒たちは大変だぁ、・・・虐め、大麻、異常親、異常先生、隠蔽校長、隠蔽教育長・・・

<函館に明るい話題>
函館出身者が京都大を58歳で入学、62歳で卒業生代表に
26日、京都大の卒業式が開かれ、経済学部の代表に選ばれた函館市出身の62歳の男性(京都市左京区)が登壇し、学位記を受け取った。
会社員生活の傍ら受験勉強に励み、念願の京大に58歳で合格。「この年になっても、何かが分かるということが楽しい」。旺盛な知識欲が原動力。
「また大学生活が送れたら楽しいだろうな」。
心が揺らいだのは、次男が進学した北大に見学に行ったときだった。キャンパスの雰囲気や生き生きした学生に接し、刺激を受けた。

他の国立大を卒業し、千葉県内の銀行に30年以上勤めた。受験を決めてからは勤務後や休日に1日3~4時間の勉強を3年間続け、2015年に京大に合格。まもなく退職した。
4年間の学業が評価され、卒業式の学部代表という大役に抜てきされた。
4月からは京大の大学院生として、まだまだ知識を追い求めていくという。

スポンサード リンク
[ 2019年3月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ